オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 【ハロウィーン2018】酔いつぶれた若者、ゴミ、ボランティア…狂騒後の街で記者が見たもの

【ハロウィーン2018】酔いつぶれた若者、ゴミ、ボランティア…狂騒後の街で記者が見たもの

ネガティブな側面が注目された、今年の渋谷ハロウィーン。その“狂騒”の後の街を歩きました。

空き缶などのごみを集めるボランティアの人たち
空き缶などのごみを集めるボランティアの人たち

 今年の渋谷ハロウィーンは、本番前の週末から、痴漢などの容疑で複数の逮捕者が出たり、暴徒化した若者によって軽トラックが横転させられたりするなど、ネガティブな側面ばかりが注目されました。そして、10月31日のハロウィーン当日、渋谷の街は例年同様に多くの仮装をした人でにぎわいました。翌朝、“狂騒”の後の街を歩きました。

清掃に参加する高校生も

 11月1日午前6時、京王井の頭線渋谷駅を出ると、駅周辺にはハロウィーンを楽しんだ若者がまだ多く残っていました。駅周辺のラーメン店は、朝からほぼ満員。夜通し遊んだ若者たちが、帰宅前に食べているようでした。

 お祭り騒ぎが終わったセンター街に向かうと、強烈な酒の臭いが漂ってきました。酔った客で満員の週末の終電を思い出します。至る所に酔いつぶれた若者が座り込み、道端で眠り込む姿も。

 センター街の雑居ビル前では、入居する飲食店の女性従業員が、入念に水をまいて掃除をしていました。「ごみの掃除も大変だけど、お酒に酔った若者が吐いたものがあちこちに。とても迷惑です」と苦い表情。

 センター街中心部の商業施設の警備員男性は「ルールや礼儀がなっていない人が多い。昨晩も、建物の壁に用を足している人に注意したら『逆切れ』されました。相手は酔っているから、タチが悪い」と嘆いていました。

 一方、昨年もハロウィーン当日に当直だったという男性は「ごみの量は、去年よりも少ない印象です。去年はもっとすごかった」と話します。

 センター街を歩いていると、仮装したままトングとごみ袋を持ち、吸い殻や空き缶を拾う若者たちに遭遇しました。企業名を書いたビブスを着た清掃ボランティアや、制服姿でごみを拾う高校生4人組も。「吉祥寺で朝まで遊んでいた」という大学生3人組も、トングとごみ袋を購入して掃除に参加。大学生も高校生も「何か役に立てないか」と、自主的に渋谷の街に来たそうです。

 警備員男性は「午前1時半頃から、ボランティアかどうか分かりませんが、掃除をする人が複数現れました。ハロウィーンを楽しんだ人たちの中にも、掃除を始める人もいました。早い時間から掃除をしたことで、今年は比較的早くきれいになったようです」と話しました。

 確かに渋谷へ到着した時、道路のあちこちに小さなごみは落ちていましたが、予想に反して、大量のごみが散乱しているという状況ではありませんでした。

1 2 3

コメント