オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 街で不審者を犯人扱いした結果が笑えないワケ、スラング「事案」広がりの背後で…

街で不審者を犯人扱いした結果が笑えないワケ、スラング「事案」広がりの背後で…

「あの人は犯人」と叫ぶと名誉毀損の可能性

 一方、民事上は「『私』の真実ではない告発」によって、その人物が警察に執拗な取り調べを受け、留置所へ拘留された場合、「精神的な損害を被ったとして、損害賠償を請求される可能性があるでしょう」(牧野さん)。

 また、その人物が会社員であり、警察に身柄を拘束されたことで「業務上重要な会議や商談に出席できず、ビジネスの機会を失った場合、損害賠償を請求される可能性がある」とのことです。

 牧野さんによると、最悪なのはその人物について公衆の面前で「あの人は犯人です」と大声で叫んでしまったケース。これは名誉棄損にあたるため、刑事告訴されたり、損害賠償を請求されたりする可能性があるといいます。

 親切心や正義心から思わぬトラブルに巻き込まれるのはよくあること。あまり神経質に“事案”に反応するのも、考えものかもしれません。

(オトナンサー編集部)

1 2

牧野和夫(まきの・かずお)

弁護士(日・米ミシガン州)・弁理士

1981年早稲田大学法学部卒、1991年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号、1992年米ミシガン州弁護士登録、2006年弁護士・弁理士登録。いすゞ自動車課長・審議役、アップルコンピュータ法務部長、Business Software Alliance(BSA)日本代表事務局長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員、国士舘大学法学部教授、尚美学園大学大学院客員教授、東京理科大学大学院客員教授を歴任し、現在に至る。専門は国際取引法、知的財産権、ライセンス契約、デジタルコンテンツ、インターネット法、企業法務、製造物責任、IT法務全般、個人情報保護法、法務・知財戦略、一般民事・刑事。