オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「NGなし女性タレント」が急増する理由 求められる“YouTuber的”仕事と熾烈な競争

テレビが「YouTuber」を欲している?

 こうして、あらゆるモノをさらけ出し、どんなオファーも断らない「YouTuber」なタレントが増えるのは、コンプライアンスに縛られていたテレビに「揺り戻し」が来て、再び過激さを求め始めた兆候ではないでしょうか。

 そして、もともとは女芸人が挑むような仕事を、本業ではない人間が参入する背景には、タレントが余り、生き残れない現状もあるはずです。ただ、過当競争となり、過激化の一途を辿れば、テレビ業界全体のイメージダウンも免れません。

素顔をさらすことへの「好感と反感」

 また、そんなボーダレスなタレントの台頭は、これまでの「アイドルだから…」「アナウンサーだから…」という固定観念がもはや崩壊している証拠でもあるでしょう。

 特に山崎アナのプライベート公開は、派手なイメージのある女子アナの生活とは真逆の地味さが好感を呼びました。そんな、ウソのない、「ありのまま」の姿を視聴者は見たいのかもしれません。

 ただ、好感と反感は紙一重といいますが、山崎アナが、夫のお笑いタレント・おばたのお兄さんにお風呂場で全身を洗ってもらっていると同僚のアナウンサーから暴露された時、SNS上ではこうした私生活の公表に眉(まゆ)をひそめる視聴者も多くいました。

 つまり、彼女たちはそんな“好感と反感”のギリギリを歩いていると言えるでしょう。その見極めが今まで以上に求められているのかもしれません。

(芸能ライター 河瀬鷹男)

1 2

河瀬鷹男(かわせ・たかお)

芸能ライター

キャリアスタートはテレビ番組の制作。2014年頃から、Yahoo!ニュースやLINEニュースなど多くのニュースサイトに記事を配信している。主に、芸能系の分析を得意とする。

コメント