オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • “第3次韓流ブーム”の中で、社会派ドラマ「シグナル」日本版に注がれる期待

“第3次韓流ブーム”の中で、社会派ドラマ「シグナル」日本版に注がれる期待

第1次、第2次を経て、昨年頃から第3次韓流ブームと呼ぶべき波が起きています。韓国のドラマは“純愛”から一転“社会派”が主流に。そんな中、大ヒットドラマ「シグナル」の日本版に注目が集まっています。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」より(C)関西テレビ
「シグナル 長期未解決事件捜査班」より(C)関西テレビ

 先日、韓国の女優チェ・ジウさんが電撃結婚したことが、日本のニュースでも多く取り上げられました。チェ・ジウさんといえば、2000年代初頭にドラマ「冬のソナタ」(2003~2005年)で日本中に韓流ブームを巻き起こした“ヨン様”ペ・ヨンジュンさんとともに、韓国の女優でまず最初に名前が挙げられる方です。

 そんなチェ・ジウさんが「涙の女王」「ジウ姫」と呼ばれた第1次韓流ブーム、そして、2010~2011年ごろの第2次韓流ブームを経て、再び昨年あたりから、10代を中心にK-POPアイドルグループ・twiceや防弾少年団がヒットし、また、東方神起のカムバックなどで第3次韓流ブームが到来し、韓流の“聖地”新大久保にも活気が戻ってきています。

 一方、こうしたK-POPの勢いには及ばないかもしれませんが、韓国ドラマもこれまでの根強いファン層に加えて、新たなファン層を獲得しています。韓国ドラマの価値についても、2016年上半期に韓国で放送され、高視聴率を記録した「太陽の末裔」は、対日輸出の料金が1話あたり約10万ドル超えという久しぶりの高値で取引され、以降も徐々に元気を取り戻している様子です。

 最近の韓国ドラマというと、第1次、第2次韓流ブーム時のような純愛ドラマやイケメンオンパレードとは程遠く、韓国の「今」を反映した社会派ドラマが人気となっています。具体的には、政府や財閥、社会的強者のワンマンぶりや横暴、特権階級の不正、就職難、貧富の差などをテーマに、日本でも大きく報道された「セウォル号沈没事故」や「朴槿恵前大統領収監」といった実際の事件を連想させる作品が高視聴率を得ています。

 このように世相と密接にリンクした社会派ドラマは、当たり前ですが「正義は必ず最後に勝つ」というように、ドラマを通して視聴者がスカっとできる内容なので人気が集まるのは必然と言えるでしょう。

 同時に、韓国では地上波3局と、大手企業や大手新聞社が設立したチャンネルの計8局のほか、オリジナルの「ウェブドラマ」も制作されており、まさに戦国時代の真っただ中で視聴率を競い合っています。特に「CJ E&M」傘下の「tvN」が展開するドラマは、映画のようなクオリティーの高さやストーリーの面白さ、緻密さを誇り、俳優陣も地上波に劣らないというか、むしろ今が旬、今から旬になる役者が集まることで確固たるポジションを築いています。

「tvN」が2014年に制作した、就職難や学歴社会をテーマにセクハラやリアルなサラリーマン生活を映し出し、恋愛色を一切排除した「未来(みせん)」はすべての世代の共感を呼び、日本のフジテレビでもリメイクされ話題となりました。そして、今クールも同局の火曜21時枠で「tvN」の社会派ドラマ「シグナル」が「シグナル 長期未解決事件捜査班」(坂口健太郎さん主演)として放送されます。

 オリジナルの「シグナル」は、ちょうどセウォル号沈没事故の時期に放送されており、韓国政府への不信感を募らせていた韓国国民の気持ちを代弁してくれるようなセリフも盛り込まれ、韓国のゴールデン・グローブ賞とも言われる「百想芸術大賞」など9冠を達成した「ザ・社会派ドラマ」で、実力派俳優陣とともに高評価を受けました。

 日本にも韓国と同じような社会問題がある中で、日本版「シグナル」がどのような内容になるのか、また、既存の韓流ファン層にも人気のある坂口健太郎さんがどのような演技を見せてくれるのか。筆者のみならず、多くの韓国ドラマファンが日本版「シグナル」を今からとても楽しみにしています。

(美容コンサルタント・韓方薬膳料理専門家 余慶尚美)

余慶尚美(よけい・なおみ)

美容コンサルタント・韓方薬膳料理専門家

1970年鹿児島県生まれ。上智短期大学英語学科卒。広告代理店、外資系企業に勤務当時、自身が重い体調不良に悩んだことから、ココロとカラダの両面をケアする「巡り」に着目。2007年から、リンパドレナージュサロン「Flow」を経て、美巡和漢サロンを白金高輪で主宰。また「毛髪診断士」や「漢方薬膳」の専門知識を生かし、講演セミナーや執筆活動、美容や健康に関する製品・サービスの企画監修、プロデュースなどを手掛ける美容コンサルタントとしても幅広く活躍中。毎日数時間、韓国ドラマに没頭するほどの韓国エンターテインメント通でもある。余慶尚美オフィシャルブログ「美巡ライフスタイル」(http://ameblo.jp/yokeinaoko)。

コメント