オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「運命を感じる」とささやかれ…“結婚に向かない男”を好きになった35歳女性の末路

「末期がん」「海外赴任」…体のいい男の逃げ?

 上場企業に勤める本間よしゆきさん(41歳、仮名)は、婚活を始めて1年になるといいます。

「結婚相手を探そうと、これまでは婚活パーティーに参加していました。月2ペースで参加したいんですが、だんだんと顔触れが、前に会ったことがある人になってきたんです。活動場所を変えてお見合いをしてみようかと思いました」

 そして、活動戦績について、こう続けたのです。

「何人かの女性とはマッチングして、その後、食事デートに行きました。その中で、僕が本気でいいなと思った女性は2人いたんですが、うまくいかなかった。彼女たちには忘れられない男性がいたんですよ」

 2人とも、明るくてかわいらしいタイプ。3回目のデートで、「結婚を前提に付き合ってください」と言うと、こんな答えが返ってきたのです。

 まずは、32歳の山本あつみさん(仮名)。

「本間さんは優しくていい人だけれど、私、パーティーでマッチングして忘れられない人がいるの。その人と、結婚を前提に3カ月くらい付き合っていたら、末期がんが分かってね。『あつみちゃんには将来があるし、不幸にできないから』って。そこから連絡が取れなくなったんだけど、まだその傷が癒えてないの」

 もう一人の女性は、37歳の内田よしえさん(仮名)。

「結婚を前提に付き合っていた人がいたんだけど、海外転勤が決まって、今度帰国できるのが夏。そのときには、『結婚の具体的な話をしよう』と言われているのだけれど、最近は忙しいのか、連絡も来なくて。不安になって、それを紛らわせるために婚活パーティーに参加したんだけれど、やっぱり彼が忘れられない。その答えが出てからでないと、他の男性とは付き合えないって、今回分かったの」

 ここまでを私に伝え、よしゆきさんは、しらけた口調で言いました。

「これ、男が女性から逃げるためについているうそだと思うんですよ。3カ月前に出会った男が末期がんって、おかしくないですか? 末期がんだったら、体調も顔色も相当悪いはずですよね。あと、男からしたら、海外転勤が決まったときに本気で好きな女性がいたら、結婚して一緒に連れて行く。最初は連れて行けなかったとしても、頻繁に連絡を入れて、時期を見て海外に呼ぶ。だんだん連絡が来なくなったということ自体、もう気持ちがないということだし、そもそも海外には行ってなくて、ちゃっかり日本で働いているんじゃないかと思うんですよ」

 男目線で考えれば、これは、ただ単に遊んだだけだろう、というのです。

「まあ、だけど、僕はその男たちの魅力に勝てなかったから、フラれたんですけどね(苦笑)」

 婚活シーンで出会うと、まずはLINEで連絡先の交換をする人たちがほとんどです。それ以外は、住所も知らずに付き合い出します。会社名は知っていたとしても、本当にそこに勤めているかどうかは定かではありません。会社の名刺をもらったとしても、連絡が取れなくなったときに会社に連絡を入れるのは、勇気が要ります。

 よしゆきさんは、言いました。

「手軽な出会いには、手軽な別れが待っている。これからは、結婚を真剣に考えている人たちと出会った方が、時間の無駄にならない気がしたんですね」

1 2 3 4

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)、YouTube「仲人はミタ チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCObGYwIfj_oY-cm9LlnFmdA)。

コメント