オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

1年間実戦なし、連続完全試合目前で降板…佐々木朗希投手の育成・起用法、専門家の見解は?

千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が、素晴らしい投球を続けています。その育成法や起用法について、専門家に聞きました。

完全試合を達成した佐々木朗希投手(2022年4月、時事)
完全試合を達成した佐々木朗希投手(2022年4月、時事)

 千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が、4月10日に完全試合を達成、17日にも8回までパーフェクトピッチングを見せ、日本中のプロ野球ファンはもちろん、米大リーグで活躍する大谷翔平選手が「素晴らしいボールを投げている」と称賛するなど、海外からも注目を浴びています。

 数々の記録も立派なのですが、佐々木投手のここまでの育成法、起用法にも注目が集まっています。17日の8回での降板には賛否の声がありますが、佐々木投手のような育成法、起用法を広げれば、彼のような選手がもっと多く出てくるのでしょうか。プロ野球球団の運営にも詳しい、一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事の江頭満正さんに聞きました。

「記録への期待」つなぐ降板

Q.佐々木朗希投手は、高校時代から160キロ超の速球を投げ、期待されて千葉ロッテマリーンズに入団しましたが、最初の年は2軍を含め実戦登板なし、2年目も試合は少な目でした。この育成方法について、どのように思われますか。

江頭さん「高校卒業間もない投手の場合、まだ身体的にプロとして完成していないことがしばしばあります。佐々木投手は160キロを超える速球が武器です。160キロ超の速球を投げた場合の肩や肘にかかる負担は、150キロの投球と比較して2倍近いという研究論文を、米国の研究者David F. Stodden氏が2005年に発表しています。

また、骨格的に未熟な投手は、3倍以上の確率で、『上腕骨上腕骨溶解』『上腕骨上腕骨不安定性』『回旋腱板機能不全』といった、腕や肩の障害を引き起こしていると、米国のスポーツ整形外科医Jason L.Zaremski氏が2012年に報告しています。

つまり、プロ野球の打者と対戦するには、まだ体ができていなかった可能性が考えられます。佐々木投手は、昨年11月に20歳を迎えたばかりです。彼の骨格や体の成長を待つ必要と、160キロの速球を1シーズン通して投げられる全身の筋力を鍛える時間が、必要だったのです。

投手の肩や肘は“消耗品”であり、年間200イニング登板すれば、10年前後で故障するものです。手術すれば回復しますが、手術前と同じ投球はできなくなる事例ばかりです(カナダの医師Hugue Ouellette氏が2008年に報告)。

18歳からプロの実戦で投球をしていたら、5年もしくは3年で肩や肘を手術する必要に迫られる危険性があったため、ロッテ球団として、20歳までトレーニングや間隔を空けた投球を続けさせ、プロで戦える体をつくったと考えるのが妥当でしょう」

Q.10日の完全試合達成後、17日の登板でも8回までパーフェクトピッチングで、「2試合連続完全試合」という大記録に期待がかかりながら、8回での降板となりました。こうした起用法については、いかがでしょうか。

江頭さん「17日の試合でロッテが勝ち越していたなら、あと1イニング投げた可能性はあります。8回裏を終えて投球数は102でした。8回裏にロッテが得点できなかったため、2試合連続完全試合を達成させるためには、延長試合の可能性も考えると、あと20球前後の投球が必要と考えられたので、降板させたのだと思われます。

このわずか20球が、科学的に見れば肩や肘に大きなダメージとなります。球数が増加すれば筋肉への負荷は2~3倍となり、筋肉内部で小さな断裂が起きます。断裂が修復される前に投球すれば、悪化するばかりで、投手寿命を短くする結果になるのです。

ただ、佐々木投手にとって、故障危険性が高まる境目が100球とは限りません。個人差がありますが、彼は160キロの速球を投げるため、90球程度が安全範囲の可能性もあります」

Q.「2試合連続完全試合」を期待したファンも多かったと思います。そうした期待はぜいたくなのでしょうか。

江頭さん「結果論ですが、佐々木投手のパーフェクトピッチング記録は、まだ続いていますので、4月24日に予定されている次の登板も多くの観客を集められるでしょう。プロ野球は『競技』ではなく『興行』です。お客さまが球場で見る価値を提供することも重要です。その点では、パーフェクトピッチング記録が継続中であることは、正解だと言えます。

17日の試合を観戦したファンは、佐々木投手のパーフェクトピッチング記録の目撃者です。今後、パーフェクトピッチングが継続する間中、ずっと佐々木投手の投球内容に注目するでしょう。10日の試合を観戦したファンも、17日の試合を観戦したファンも、次の試合を楽しみにしていると思います。『2試合連続完全試合』の大記録の機会は失いましたが、野球界全体を考えれば、素晴らしい判断だったと思います」

【画像】甲子園目前で敗れ、涙こらえる姿も…高校時代の佐々木朗希投手

画像ギャラリー

1 2

江頭満正(えとう・みつまさ)

独立行政法人理化学研究所客員研究員、一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事

2000年、「クラフトマックス」代表取締役としてプロ野球携帯公式サイト事業を開始し、2002年、7球団と契約。2006年、事業を売却してスポーツ経営学研究者に。2009年から2021年3月まで尚美学園大学准教授。現在は、独立行政法人理化学研究所の客員研究員を務めるほか、一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事、音楽フェス主催事業者らが設立した「野外ミュージックフェスコンソーシアム」協力者としても名を連ねている。

コメント