オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

“三十路”水卜麻美アナが女子アナ殿堂入りへ! 圧倒的人気と若手不振の理由

注目は水卜アナ後任の滝菜月アナ

 もし若手女性アナウンサーが浮上するとしたら、きっかけになりそうなのは、いわゆる「街ブラ」系番組・コーナーの進行役。水卜アナが「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)の街ブラ系企画で好感度を上げたほか、「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京)の大江麻理子アナ、「ブラタモリ」(NHK)の桑子真帆アナがランクインしていることからも分かるように、前述した「親近感、自然体、安心感を視聴者に抱かせやすい」のです。

 現在「モヤモヤさまぁ~ず2」は26歳の福田紀子アナ、「ブラタモリ」は29歳の近江友里恵アナが進行役を務めていますが、より注目度が高いのは「ヒルナンデス!」で水卜アナの後任となった24歳の滝菜月アナ。月~金曜の昼に毎日出演して顔を覚えてもらえる上、さまざまな出演者との絡みがあり、食や旅などのロケ企画も多いなど、水卜アナと同じように好感度を上げる条件がそろっているのです。

 一方、日本テレビも入社2年目の滝アナを「笑ってコラえて!」「深イイ話」に単独出演させるなど、知名度アップのサポートに抜かりなし。水卜アナが殿堂入りした後の布石を打っているようにも見えます。

 さらに注目したいのは、近年、日本テレビが尾崎里紗アナ、佐藤真知子アナ、滝菜月アナなどの、「美ぼう、聡明、若さ」よりも「親近感、自然体、安心感」を漂わせるタイプを続けて採用していること。人気番組が多いことも含めて、「水卜アナに続く国民的人気女性アナウンサーは同局から誕生するのではないか」と感じています。

(コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志)

1 2

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間20本強のコラムを提供するほか、「週刊フジテレビ批評」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、新番組と連ドラはすべて視聴するなど1日のテレビ視聴は20時間超(同時含む)。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント