オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • そうだったのか! オーデコロン、オードトワレ、パルファン…の違い

そうだったのか! オーデコロン、オードトワレ、パルファン…の違い

ファッションや身だしなみの重要な要素の一つ、香りを決める「香水」ですがその種類は実にさまざま。ここでは、それぞれの特徴と最適なシーンについてご紹介します。

「香水」にもさまざまな種類がある

 ファッションアイテムの一つともいえる「香水」。自分の好きな香りに包まれていると、それだけで気分が上がるものですが、よく耳にする「パルファン」や「オーデコロン」など、ひと口に香水といってもさまざまな種類があります。これらの違いを知ることで、自分にぴったりの香水を選ぶヒントになるかもしれません。オトナンサー編集部では、日本フレグランス協会の担当者に聞きました。

含まれる香料の濃度「賦香率」

 そもそも香水は、主にアルコールに溶かした香料と蒸留水で作られます。含まれる香料の濃度を「賦香率(ふこうりつ)」といい、これが高いと香りの持続時間が長く、低いと短くなります。この賦香率によって、香水の種類は「パルファン」「オードパルファン」「オードトワレ」「オーデコロン」の4つに分けられます。

 まず、パルファンは賦香率15~30%と4種類の中で最も高く、香りが5~7時間続きます。濃度が高く、豪華で深みのある香りが少量で続くのが特徴です。次に、オードパルファンは賦香率8~15%で、香りの持続力は5時間前後。パルファンに近い持続力と、深みのある香りを気軽につけられることから、近年人気が高まっているといいます。

 続いてオードトワレ。「オード」はフランス語で「水の」を意味し、賦香率は5~8%と少し薄め。香りが3~4時間程度持続する最もポピュラーなタイプで日常的に使いやすいのが特徴です。最後にオーデコロンは、フランス語で「ケルンの水」という意味。賦香率は最低の3~5%で、持続時間も1~2時間と短めです。ライトに香りを楽しめるタイプですが、オードパルファンなどの人気の高まりにより、近年は減少傾向にあるようです。

1 2