オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

巣ごもりは料理の好機 自炊デビューで知っておきたい心得、ありがちな失敗は?

どんな料理から始める?

Q.料理初心者が自炊を始めようとするとき、必ずそろえておいた方がよい調理器具・調味料とは。

関口さん「調理器具は、まな板▽包丁▽ボウルとザル(それぞれ大・小)▽計量カップ▽計量スプーン▽ピーラー▽菜箸▽おたま▽フライ返し▽フライパン(直径26センチの深めのものが便利)▽鍋(大・小)があれば十分です。電子レンジ調理をするなら、レンジ対応の保存容器やボウルがあるとよいでしょう。

調味料は塩、しょうゆ、砂糖、油が基本ですが、麺つゆやポン酢じょうゆのような、ある程度味が作られている調味料があると、1本で味が決まるので便利です。コンソメや顆粒(かりゅう)だし、鶏ガラスープの素などは、物足りないときに足すとおいしくなります。

最近は、1回使い切りの料理ソースやシーズニング(ミックス調味料)もたくさんあるので、これらも活用すれば店で食べるレベルの味が手軽に、失敗なくできると思います」

Q.料理初心者におすすめしたい「最初に作るとよい料理」は。

関口さん「卵料理です。卵は生でも加熱しても食べられるので安全性が高く、しかもさまざまなアレンジが可能です。財布にも優しく、完全栄養食というメリットもあります。まず目玉焼きから始め、ハムエッグやスクランブルエッグからエビ玉炒め、ニラ玉へ、オムレツからチーズオムレツやオムライスへ、薄焼き卵から厚焼き卵へ…など、メニューを広げられますし、火入れの勉強には大変よい食材です」

Q.料理初心者が少しずつ自炊のスキルを上げていくために、意識すべきポイントとは。

関口さん「自炊は『料理上手になること』ではなく、『食べ方を覚えること』だと考えてください。肉や魚介は火を通せば食べられるので、市販のタレがあればおかずになりますし、焼いたりゆでたりした野菜は、お好みのドレッシングでおいしくなります。つまり、ごくシンプルな調理ができれば十分なのです。

昔と違い、スーパーに行けば、下処理済みのカット野菜やミールキット、さばいて処理が済んだ魚が並び、便利な調味料やレトルト食品、冷凍食品、チルド食品、総菜などもあるので、手間をかけなくてもそれなりにおいしい食事を用意できます。時代の利便も大いに活用しましょう。

そして、食べることは生きることです。自炊を通して“食べ方”を覚えれば、健康的な食生活が送れると思います。身構えず、気楽に始めていただきたいです」

(オトナンサー編集部)

1 2

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。

■オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/
■YouTubeチャンネル「管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン」(https://www.youtube.com/channel/UC6cZRYwUPyvoeOOb0dqrAug

管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン

コメント