オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

新人も、ベテランも! 社会人にふさわしい「スーツ」のマナー

前ボタンはとめる? とめない?

 次に、スーツの前ボタンについてです。

 何個とめればよいか迷う人も多いことと思いますが、男性は一番下のボタンだけを外し、女性は全てとめるのが正解です。しかし、男性のジャケットには、段返りのボタン(一番上のボタンが襟で隠れているもの)になっているものもあります。この場合は、一番上のボタンをする必要はありません。

 川道さんによると、元々は男女ともに全てのボタンをとめるのがマナーでしたが、ファッションリーダー的存在だった、英国のとある王族が、座った時におなか周りがきついとの理由で、一番下のボタンだけを外すようになったのが始まりとされています。

 最後は、ポケットについている「フラップ」です。フラップは、室内では外に出し、室内では中に入れるのがマナーです。

 そもそもフラップは、英国で狩りを行う際、ポケットに入れていた弾薬が雨によって使えなくなるのを防ぐために付けられました。ここから、室外では外に出し、室内では中にしまうのがマナーとなったそうです。

 ちなみに、モーニングコートのような礼装の多くにフラップが付いていないのは、室内で着ることが前提であるため。「ビジネスシーンでは、フラップを常に気にしていることはできないため、室内外に関係なくどちらかに統一しましょう」(川道さん)。

※参考文献:「超一流のビジネスマンがやっているすごいマナー」(西出ひろ子著)

(オトナンサー編集部)

1 2

川道映里(かわみち・えり)

マナーコンサルタント・マナー講師

一般社団法人マナー教育推進協会理事。ファストマナースクール西日本エリア長。銀行に就職後、結婚を機に退職。子育て中にマナーの大切さを知り、マナーコンサルタントの西出ひろ子に師事。企業や学校などで人財育成、マナー研修、マナーコンサルティングなどを行う。真心マナーを伝え、結果を出せるマナー講師の養成も行う。また日本最大級のカルチャーセンターでは、冠婚葬祭マナーやキッズマナーなどの日常生活のマナー講座も担当。食事をしながらテーブルマナーを習得する講座も人気。徳島を拠点に全国で活躍中。ファストマナースクール(http://www.fastmanner.com)、ウイズ株式会社(http://www.withltd.com)。

コメント