オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

さぬきうどんに札幌ラーメン…ご当地麺についた「本場」「名物」が信頼できるワケ

製品にマークが入っている場合も

 公正取引協議会に所属している製造業者の製品がこの基準に違反した場合、その製品の回収などを行い、これらの措置を怠った場合は、50万円以下の罰金や除名といった処分が科されます。また、公正取引協議会に加盟していない業者の製品については、「消費者が誤認しかねない」など悪質性が強いケースで消費者庁が指導を行います。

 公正取引協議会に加盟している業者の製品かどうかは、「製品の裏に『公正全国生めん公取協認定』というマークが入っていることがあるため、そこで判断できます」(消費者庁担当者)。つまり「名産」「特産」「本場」「名物」などの文言に加えて、裏にマークがあれば、まさしく“本場の味”ということになります。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント