オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

料理研究家がコンビニドーナツを一刀両断! 「温め直してもウマいものを」

「迷ったらシンプルなツイストドーナツを」

 さわけんさんはコンビニドーナツを盛り上げるために、業界各社に以下の3点を提案します。

「せっかく袋入りにしたのなら棚にも置いてください」

「温め直すとおいしくなるドーナツを開発してください」

「ヘルシーさを訴求したドーナツを作ってください」

 それぞれの理由は「店員に注文することを、おっくうがる人も多い」「買ってその場で食べずに、移動後に食べる人も多い」「健康が何ものにも勝る時代なので低糖質ドーナツへのニーズが多い」。

 最後に、コンビニドーナツに関するトリビアを1つ。「コンビニでドーナツを買う際に迷ったら、ツイストドーナツを選びましょう。シンプルで、イーストドーナツ生地なので、ハズレがありません」。

(オトナンサー編集部)

1 2

さわけん(さわけん)

キッチンまわり評論家

1968年兵庫県生まれ。本名は澤田健児。辻調理師専門学校フランス校を卒業し辻調グループで11年間、西洋料理を教える。フランスの二つ星(当時)「ムーランドムージャン」などに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。料理を科学的・理論的に分析し、難しいコツや切り方を簡単な方法に置き換え、なおかつ本物に迫る味になるレシピ「沢田けんじのリプレシピ」を展開中。2010年から「キッチンまわり評論家」として毎月30~50品の食品や調味料を実食検証し、キッチングッズなども頻繁に検証する。コストコ、カルディ、無印良品、成城石井などのPBに精通。関西弁でのぶっちゃけトークが各地の講習会で人気だ。http://www.sawakens.com/

コメント