オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「素人追跡番組」人気の背景 セカンドライフの希求、市井の人から生き方を学ぶ時代に

これまでは「出会う偶然」を楽しんでいた

 これまで、素人が出るバラエティーというと、「月曜から夜ふかし」「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」(以上、日本テレビ系)、「家、ついて行ってイイですか?」「YOUは何しに日本へ?」(以上、テレビ東京系)、「ドキュメント72時間」(NHK)などがありました。しかし、これらはスタッフが撮影中、たまたま会った人にインタビューするというもの。つまり、出会う偶然を楽しんでいたのです。見る側のハードルもそこまで高くないからこそ、かえって、出会った人の人生が波瀾に富んでいる衝撃が倍増しました。

 しかし、「一軒家」など前述の番組は、とにかく間口(テーマ)をあえて狭くし、ハードルを上げていることから分かるように、さらに一段と進化した素人番組と言えそうです。しかも、「何気ない人の暮らしから人生を学ぶ」という新機軸も加わっています。それだけ、見る側の成熟度も上がっているのかもしれません。

まだある「一般人の人生を学べる番組」

 他にも、人生の機微を感じることのできる番組はあります。憧れの田舎にIターンしたり、愛する故郷へUターンしたりして新たな自分に挑戦する人々の暮らしぶりを紹介する「人生の楽園」(テレビ朝日系)は、毎週土曜午後6時に14.0%(2月16日、ビデオリサーチ調べ、関東地区)も取る大人気番組。

 また、4月から午後10時台に昇格する「激レアさんを連れてきた。」(同)は、「バスが好きすぎて、個人で路線バスを開通させたおじさん」「ちょっと意地を張った結果、幼稚園入園から小学校卒業までの9年間、学校で一言もしゃべらなかった人」など、レアな人生を送る人を掘り下げるものです。

 幸せの形は人それぞれですが、これまで挙げた番組を見ていると、「人生には正解も失敗もない」と実感でき、生き方を全肯定できます。今の時代、一番求められている番組という見方もできそうです。

(芸能ライター 河瀬鷹男)

1 2

河瀬鷹男(かわせ・たかお)

芸能ライター

キャリアスタートはテレビ番組の制作。2014年頃から、Yahoo!ニュースやLINEニュースなど多くのニュースサイトに記事を配信している。主に、芸能系の分析を得意とする。

コメント