オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • 昔話「鉢かづき」漫画版が話題に 「昔読んだ」「こういう話だったのか」と懐かしむ声

昔話「鉢かづき」漫画版が話題に 「昔読んだ」「こういう話だったのか」と懐かしむ声

室町時代に書かれたとされる「鉢かづき」を題材にした漫画が話題に。ある日、頭に鉢をかぶった娘が屋敷に連れられてきます。周囲が偏見の目で見る中、屋敷の主の四男が娘に興味を抱きますが…。

漫画「鉢かづき」のカット=道雪 葵(@michiyukiaporo)さん提供
漫画「鉢かづき」のカット=道雪 葵(@michiyukiaporo)さん提供

 室町時代に書かれたとされる「鉢かづき」を題材にした同名の漫画が、SNS上で話題となっています。ある日、頭に鉢をかぶった娘が屋敷に連れられてきます。周囲が偏見の目で見る中、屋敷の主の四男が娘に興味を抱きますが…という内容で「昔読んだ」「漫画になってうれしい」「楽しく読めた」「こういう話だったのか」などの声が上がっています。漫画の作者に聞きました。

単行本発売をきっかけに描く

 この漫画を描いたのは、漫画家の道雪 葵(ペンネーム)さん。現在、漫画配信サイト「pixivコミック」で「うちのトイプーがアイドルすぎる」を連載中です。これまでに、「アポロにさよなら」(講談社コミックス、全2巻)、「女子漫画編集者と蔦屋さん」(ZERO-SUMコミックス、1巻)を発売しています。

Q.以前から古典に詳しいのでしょうか。

道雪さん「もともと歴史や古典は好きでしたが、『女子漫画編集者と蔦屋さん』の連載が始まったのをきっかけに絵師に関連することを調べるようになりました。『鉢かづき』もその一つです。本もかなり読みましたが、今はネットに情報があふれているので助かっています」

Q.今回の漫画を描いた理由は。

道雪さん「江戸時代の人気漫画家であった山東京伝が『鉢かづき』をアレンジした作品を残しているのですが、その作品を『女子漫画編集者と蔦屋さん』の巻末に、おまけ漫画として描いたのがきっかけです。

山東京伝版はコメディー色が強かったので、今回の漫画はラブストーリー的な要素を強くしました。どちらの漫画にも興味を持ってもらおうと考えました」

Q.ツイッターで話題になったことについて。

道雪さん「何百年も前に書かれた物語の身分差の恋や、かぶり物を取ったら美少女だったという話は、いつの時代でも読者に響くものがあるのかなと思いました。これを機に他の古典にも興味を持ってもらえたらうれしいです」

(報道チーム)

1 2 3 4

道雪 葵

漫画家

漫画配信サイト「pixivコミック」で「うちのトイプーがアイドルすぎる」を連載中。これまでに描いた漫画は「アポロにさよなら」(講談社コミックス、全2巻)、「女子漫画編集者と蔦屋さん」(ZERO-SUMコミックス、1巻、https://www.amazon.co.jp/dp/4758033412/)。ツイッター(https://twitter.com/michiyukiaporo)に定期的に創作漫画を投稿している。