オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • バス運転手が利用者のおばあさんに“廃線”を告げる漫画 まさかの結末で「妄想膨らむ」

バス運転手が利用者のおばあさんに“廃線”を告げる漫画 まさかの結末で「妄想膨らむ」

路線バスをめぐる人間模様を幻想的に描いた漫画が話題に。普段、通院のため路線バスを利用するおばあさんですが、運転手から廃線を告げられ…。

「ファンタジー世界の赤字路線バス」の1場面=一智和智(@burningblossom)さん提供
「ファンタジー世界の赤字路線バス」の1場面=一智和智(@burningblossom)さん提供

 路線バスをめぐる人間模様を幻想的に描いた漫画「ファンタジー世界の赤字路線バス」がSNS上で話題となっています。普段、通院のため路線バスを利用するおばあさんですが、運転手から廃線を告げられ…という内容で「ばあちゃんクール」「ストーリーが好き」「妄想が膨らむ」などの声が上がっています。漫画の作者に聞きました。

散歩中に電車を見て着想

 漫画を描いたのは、漫画家・漫画原作者として活動する一智和智さん(ペンネーム)。「バーサスアース」(少年チャンピオン・コミックス)、「三国志F」(コアマガジン)などの漫画を手掛けてきました。

Q.この漫画を描いたきっかけは。

一智さん「何かネタがないかと散歩していた時、たまたま電車を見かけ、『公共交通機関を使って何か描くか』と急に思いつきました。赤字路線と設定したのは(実家の)田舎で走行しているバスの本数が1日数本だった実体験が根底にあるのかもしれません」

Q.読者からはどのような感想が寄せられていますか。

一智さん「『おばあちゃんがかっこいい』という意見が多かったような気がします」

Q.今後の目標は。

一智さん「細く長く続けていくが目標でしょうか(笑)SNS上で発表する漫画は、仕事で取り組む漫画とは区別して考えているので、自分の好きなように描いていきたいと考えています」

(報道チーム)

1 2

コメント