オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • 子どもがヤンキー男のズボンを汚してしまう漫画 怒られるかと思いきや…対応に「ほっこり」

子どもがヤンキー男のズボンを汚してしまう漫画 怒られるかと思いきや…対応に「ほっこり」

子どもとヤンキーの奇妙な出会いを描いた漫画が話題に。アイスを持った子どもが、柄の悪いヤンキー風の男とぶつかり、男のズボンを汚してしまい、恐る恐る謝りますが…。

「通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー」の1カット=おつじ(@otj024)さん提供
「通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー」の1カット=おつじ(@otj024)さん提供

 子どもとヤンキーの奇妙な出会いを描いた漫画「通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー」が、SNS上で話題となっています。アイスを持った子どもが柄の悪いヤンキー風の男とぶつかり、男のズボンを汚してしまい、子どもは恐る恐る男に謝りますが…という内容です。SNS上では「ほっこりした」「本当に格好いい奴ってこういうのだな」「素晴らしい」などの声が上がっています。作者に話を聞きました。

ミスをフォローする優しい人を描きたい

 この漫画を描いたのは、おつじさん(ペンネーム)。漫画配信サイト「ガンガンonline(オンライン)」で連載中の漫画「幻想グルメ」(天那光汰原作)の作画作家として活動しています。

Q.漫画を描き始めたのはいつからですか。

おつじさん「小学生の時に描き始めました。親の書き置きメモに落書きしたのがウケて、うれしかったとか、その手のことがきっかけだったと思います。今年に入ってからSNSで漫画を発表するようになりました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

おつじさん「誰かがミスをした時に、『怒らないで許せる』『相手のフォローができる』優しい人が見たいと思い、描きました」

Q.読者からはどのような意見が寄せられましたか。

おつじさん「『優しい世界だった』などの感想を頂きました。とてもうれしいです」

Q.漫画に出てくる味付けは、おつじさんが考案したアイデアですか。

おつじさん「大学時代の友人に教わりました。読者からは『ゆずこしょう』『塩こうじ』など他のレシピも教えていただいたので、一度作って食べてみたいです」

Q.人気漫画を連想させるシーンがありましたが、オマージュを込めたのでしょうか。

おつじさん「このヤンキーは生粋(きっすい)の漫画っ子なのではないでしょうか。漫画は私にとって人生の教科書です」

Q.今後の目標は。

おつじさん「今は連載させていただいている作画のお仕事を何よりも大事に、さらに盛り上げていけるように取り組みたいです。今後も精進していきますので、ご一読いただけたらうれしいです」

(報道チーム)

1 2