オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「ババロア」「ムース」「パンナコッタ」は何が違うのか

よく似たブランマンジェは何が違う?

 近年、コンビニのスイーツコーナーなどでも目にする機会が増えた、これら3つのデザートとよく似た洋菓子に「ブランマンジェ」があります。

「ブランマンジェは『白い食べ物』を意味するフランス発祥の洋菓子。フランス式の作り方は、砕いたアーモンドから作ったアーモンドミルクと牛乳、砂糖、生クリームにゼラチンを入れて固めます。国によって製法に違いがあり、フランスのブランマンジェとは全く違うお菓子となることも珍しくありません」

 たとえば、英国式は生クリームを使わず、牛乳と砂糖にコーンスターチを加えたものを冷やし固めて作ります。現在の日本では、生クリームと砂糖、洋酒、そこにバニラなどで香り付けした牛乳を混ぜて煮詰め、ゼラチンで固めたものをブランマンジェと呼ぶ傾向にあるようです。

「生クリームとゼラチンが入っている点はほかのお菓子と共通ですが、ブランマンジェは緩めに作ることが比較的多く、口の中で溶けていくような食感が特徴的といえます」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント