オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

整理整頓が苦手…「片付けられない人」と「片付けられる人」は何が違う?

「捨て過ぎる」もNG

Q.片付けられないと自覚のある人が、家の片付けに着手しようとするとき、「これはやってはいけない」と意識すべきNG行為はありますか。

【物を捨て過ぎない】

整理と聞くと、「とにかく物を捨てなきゃ」と考える人がいます。ダイエットと同じで、考えもなく、物を極端に減らし過ぎると“リバウンド”を起こしたり、使いたい物までなくなったりします。使っている物は残しながら、自分に必要な物の適正量を決める、「程よく持つ」暮らしがおすすめです。

【片付けのハードルを上げない】

片付けが苦手な人はきっちりとした細かい収納は目指さず、「置き場所を決めたらポンポン入れるだけ」などのざっくりした収納でもよしとしましょう。SNSなどで見るすてきな部屋は、必ずしも自分の暮らしや性格に合っているとは限りません。ハードルは上げず、自分の負担にならない範囲での継続が結果的に成功へとつながります。

【リビングからの着手は避ける】

リビングは家の中でも特にさまざまなアイテムが集まるので、片付けの難易度が高めです。苦手な人がいきなりここから着手すると、頭も部屋も混乱します。まずは財布やバッグからスタートし、洗面所の整理収納や靴箱の中、トイレなど狭いスペース、アイテム数が少ない場所から進めて、成功体験を増やしていくとよいでしょう。

Q.片付けられない人が「片付けられる人」になることは可能でしょうか。

岩佐さん「十分に可能です。『片付けられるようになりたい!』という気持ちがある人は今の暮らしを変えたいと思っている人だからです。それには、日々の暮らしの中での“気付き”が必要です。

そのレベル1は『ボールペンを最後まで使う』です。ペン類は使い切る前に新しい物を開けがちですが、最後まで使い切ると達成感を得られます。この癖がつくと、ペン以外でも使い終わってから新しい物を開けるようになり、使いかけの物がずっと残ることもなくなっていきます。

レベル2は『買い物時、“本当に使うのか? 出番は多そうか?”と問い掛ける』こと。物を招く癖がある人はこれを自分に問うことで、物が入ってくるスピードが遅くなります。

レベル3は『置き場所とタイミング』。先述の通り、物を元に戻すために定位置を決めましょう。そして、スーパーや旅行から帰ったら、腰を落ち着ける前に袋から物を出し、サッと片付けてしまうのがおすすめです。『片付けタイミング』の早さを意識するだけで、部屋の散らかり具合は変わります。

最後のレベル4は寝る前に『部屋を振り返る』こと。自分の部屋を客観的に見ることで、ソファに衣類、ダイニングテーブルには郵便物などが置きっ放し…と気付くでしょう。7割ほど片付いていれば、次の日が楽です。

1つのレベルが日常化したら、次のレベルに進みます。その過程でさまざまな気付きを得られ、意識が変わります。人はすぐに物事を変えたがるものですが、いわば、何年も何十年も片付けが苦手で暮らしてきたのです。『すぐに変えなきゃ』と焦らず、日常の中で意識を変えていくとよいでしょう」

(オトナンサー編集部)

1 2

岩佐弥生(いわさ・やよい)

整理収納コンサルタント

キッチンショールームでの収納コーディネート、企業の収納コンサルタントなど、幅広く活動中。また、喋(しゃべ)り手ならではの聞きやすく分かりやすい収納セミナーが好評。オリジナル収納ラベルのショップもプロデュースしている。保有資格は、整理収納アドバイザー2級認定講師、整理収納アドバイザー1級、企業内整理収納マネージャー認定講師。iGuild(アイギルド)(https://www.iwasayayoi.com/)。

コメント