オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

白く濁るけど…? 「無洗米」は研がなくても本当に大丈夫なのか

無洗米と普通米、経済面で比較すると…

 無洗米と普通米の価格を比較すると、無洗米は普通米と同程度か、やや高い印象です。しかし、以下を踏まえると、無洗米にはお得感もあります。

「たとえば、5キロ入りの米袋で比較した場合、普通米5キロには約0.15キロのヌカがついているため、研ぎ洗いすると実際に食べられる量は4.85キロほど。無洗米はヌカを除去して袋詰めしているため、食べられる量はそのまま5キロ。正味量でいうと、ロスの出ない無洗米の方が多く食べられるのです」

 無洗米は研ぐ必要がない分、水の節約にもつながります。鈴木さんによると、3カップ(約450グラム)のお米を研ぐのに使う水は約4.5リットル。1日3カップ炊くとすると、年間で2リットルのペットボトル828本分の水を節約できます。

 つまり無洗米には、手間が省けるだけでなく、味や栄養面、さらには経済面のメリットまであるようです。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント