オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

飲食店の「相席」を拒否することはできる? 弁護士さんに聞いてみた

客に実際の損害が発生した場合は

 ちなみに、相席を拒否したことで何らかの不利益を被った場合、客はレストランに対して損害賠償請求ができるのでしょうか。

「通常は考えられませんが、万が一、強制的に退店させられて負傷したり、意図的に食事の提供を遅くされて商談の機会を失ったりするなど、実際に損害が発生した場合には、不法行為に対する損害賠償請求ができることもあるでしょう」

(オトナンサー編集部)

1 2

牧野和夫(まきの・かずお)

弁護士(日・米ミシガン州)・弁理士

1981年早稲田大学法学部卒、1991年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号、1992年米ミシガン州弁護士登録、2006年弁護士・弁理士登録。いすゞ自動車課長・審議役、アップルコンピュータ法務部長、Business Software Alliance(BSA)日本代表事務局長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員、国士舘大学法学部教授、尚美学園大学大学院客員教授、東京理科大学大学院客員教授を歴任し、現在に至る。専門は国際取引法、知的財産権、ライセンス契約、デジタルコンテンツ、インターネット法、企業法務、製造物責任、IT法務全般、個人情報保護法、法務・知財戦略、一般民事・刑事。

コメント