オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「正露丸」の臭い…かばんに付いたら取れないと大幸薬品、衣服は洗濯で取れる?

家庭でできる臭い軽減は?

Q.洗濯で重曹を使い、しつこい汚れを落として臭いを取ることがあります。正露丸の臭いに、重曹は太刀打ちできないのでしょうか。

田村さん「重曹は万能とされていますが、人間に対する安全性メリットの面が大きいです。クリーニング業からすれば、家庭でも使用できる弱いアルカリ剤の一種で、食品にも使用でき安全ですが、効果は薄いと思います。油汚れの洗浄力を少し上げるという点では、洗剤効果の強化剤と併用してもよいでしょう。ただ、今回のケースに効果があるかは分かりません。水洗いが前提なので、耐えられる衣服でお試しください」

Q.家庭で衣服の正露丸の臭いを軽減させる場合、どのような対応をすれば効果があるでしょうか。

田村さん「一番有効と思われるのは、衣服を新聞紙(古新聞)でくるむ方法です。それをビニール袋などで包んで密閉し、2~3日放置します。新聞紙は植物繊維で、ミクロの隙間に臭いを吸着してくれる効果があります。効果が少ない場合は、新聞紙を取り換えて繰り返してみるのもよいでしょう。時間はかかりますが、時間とともに徐々に効果が期待できます。新聞紙に包むだけなので、どんな衣服でも試せます。

また、臭いが付いた衣服を、冷蔵庫に入れる活性炭の消臭剤とともに、ビニール袋などの密閉空間に一緒に入れておく方法があります。そして、何日も臭いを確認しながら、臭いを抜いていく工程を繰り返します。

洗濯が可能な衣服は、油性の汚れに効く台所中性洗剤や重曹をぬるま湯に入れ、つけ置き洗いするのもよいです。スチーマーやアイロンのスチームで加熱し、少しでも臭いを揮発させて臭いを取ることもできます。

マスキング効果のある消臭剤、揮発する臭い原因物質を塗布することでコーティングする方法、スプレータイプの消臭剤で幾分封じ込める方法も考えられます。ただ、これらいずれの方法でも、完全に臭いが取れるとまではいきません。決定的な打開策はないと個人的には思います」

(オトナンサー編集部)

1 2

田村嘉浩(たむら・よしひろ)

三共クリーニング社長

東京・旗の台で1927年から続く三共クリーニングの3代目社長として、テレビや雑誌など各種メディアで活躍する。クリーニング技術を研究する、NPO法人「日本繊維商品めんてなんす研究会」事務局長も務める。お客さまのファッションケアに関する難問を解決するため、洗濯・クリーニングに関する相談などを受け付け、広くクリーニング技術の啓蒙に力を注いでいる。三共クリーニング(http://www.sankyo-c.com/)。

コメント