• HOME
  • 一人暮らしや忙しい人にオススメ! 使える冷凍保存のテクニック

一人暮らしや忙しい人にオススメ! 使える冷凍保存のテクニック

冷凍庫に入れた食材の鮮度を保ち、おいしさと栄養を長持ちさせるにはコツが必要です。ここでは、一人暮らしや忙しくて料理に時間をかけられない人にうれしいテクニックを紹介します。番外編として「市販冷凍野菜」の活用法も教えます。

冷凍保存のメリット

 冷凍保存のメリットは何と言っても、食材の鮮度を保ち、おいしさと栄養を長持ちさせられることです。そのためには、食材を買ってきたら、できるだけ早く冷凍しましょう。

 また、一度に使い切れない食材は小分けにして冷凍することで、食材がムダにならずに、必要な時に必要な分だけ使えて便利です。

 さらに、あらかじめ下ゆでしたり、下味をつけたりした食材を冷凍庫にストックしておけば、料理の手間が省けて忙しい時の強い味方になります。

1 2 3 4
西川剛史先生(冷凍庫)

西川剛史(にしかわ・たかし)

ベフロティ株式会社代表取締役社長

冷凍生活アドバイザー。アクティブ野菜ソムリエ。大学在学中から冷凍食品に興味を持ち、冷凍食品メーカーに就職。工場勤務、商品開発の経験を生かし、現在、冷凍生活アドバイザーとして活動。冷凍食品のプロとしてテレビ番組「マツコの知らない世界」「ソレダメ!」「世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団」「はなまるマーケット」等に出演。現在はベフロティ株式会社を設立し、冷凍食品の魅力を発信中。さらに、アクティブ野菜ソムリエとして、野菜に関するイベントや講座を開催し、情報を発信している。べフロティ(http://vefroty.co.jp/)。