オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

「あまちゃん」の岩手では今も売れっ子、のんは今日も“居場所”を探し中

第2のシンデレラストーリーは可能か

 そういえば、毎年、岩手・平泉で行われる「春の藤原まつり」の東下り行列では、芸能人が義経役を務めます。今年は、元KAT-TUNの田口淳之介さんでした。こちらも今や、テレビではなかなかお目にかかれない人ですが、その人気は健在。田口さんが登場した5月3日は、20万人もの観衆が集まり、「毛越寺があれだけ人で埋め尽くされた東下り行列は久しぶり」(観光協会)と地元を喜ばせました。

 そう、今の時代、テレビが全てではありません。「新しい地図」の3人がインターネットテレビへの出演などで存在感をアピールしているように、さまざまな形で魅力を伝えることは十分可能です。

 のんさんについては、岩手ほどではないものの、神戸や広島、横浜でもCMの仕事をこなしています。昨年は、海を越えた中国でも、化粧品のイメージモデルに起用されました。クラウドファンディング「CAMPFIRE」のCMのように全国で流れるものもあります。

「あまちゃん」のヒロイン・天野アキは、東京と岩手を行ったり来たりしながら、自分の居場所を見つけようと葛藤していました。のんさんもまた、芸能界での居場所を探す旅の途中なのです。2度目のシンデレラストーリーへのハードルは高いとはいえ、彼女らしさがもっと発揮できるよう、温かく見守りたいものです。

(作家・芸能評論家 宝泉薫)

1 2

宝泉薫(ほうせん・かおる)

作家、芸能評論家

1964年岐阜県生まれ。岩手県在住。早大除籍後「よい子の歌謡曲」「週刊明星」「宝島30」「噂の真相」「サイゾー」などに執筆する。近著に「平成の死 追悼は生きる糧」(KKベストセラーズ)、「平成『一発屋』見聞録」(言視舎)、「あのアイドルがなぜヌードに」(文春ムック)など。

コメント