オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

土屋太鳳「ゴチ」参戦! 女優がバラエティーにレギュラー出演する背景とメリット

拘束時間が短い

 役者は連ドラが始まると、朝5時起きで深夜2時終わりなどとにかく時間を拘束されます。一方、収録時間がある程度決まっているバラエティーはそこまで負担を強いられません。1時間の番組であれば、前後合わせて2時間も収録すれば撮れ高があり、生放送は入りの時間やメイクの時間を除けば、その放送時間だけの出演なので効率が良いのです。

ドラマ系バラエティーで「演技経験」

 最近のバラエティーは、「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)、「THE突破ファイル」(日本テレビ系)など再現ドラマを主体としたプログラムが多いのも特徴ですが、そこに出ることで名を売り、さらに演技経験が積めるというのも利点です。NHK連続テレビ小説「わろてんか」でヒロインに選ばれた葵わかなさんが、それ以前は「スカッと」ドラマの常連女優だったことはよく知られた話です。

 番組内でオンエアされる再現ドラマは、2番組とも本格派ドラマをうたっていますが、女優にとっては、実際の連ドラやスペシャルドラマのようなプレッシャーを感じず臨めることでしょう。さらには、視聴者の目もそこまで厳しくありません。

「もしもツアーズ」福原遥さん、「にじいろジーン」飯豊まりえさん

 他にも、レギュラーバラエティーに出ている女優は数多くいます。「もしもツアーズ」(フジテレビ系)の福原遥さん。2017年から「にじいろジーン」(同)のMCとして笑顔を振りまいているのは、飯豊まりえさん。「わろてんか」で主人公・藤岡てんの妹りんを演じた堀田真由さんは、昨年10月スタートの「坂上どうぶつ王国」(同)で奮闘しています。3週交代ですが、「王様のブランチ」(TBS系)に山本舞香さん、大友花恋さんも出ています(もう一人はモデルの石田ニコルさん)。

 いずれにしても、お気に入りの女優がいつも見られるのはファンにとってはありがたいことではないでしょうか。特に土屋太鳳さんは、朝ドラヒロイン出身者としては初の「ゴチ」レギュラー(杏さんが「ごちそうさん」のヒロインになったのは「ゴチ」卒業後)。大いに期待したいものです。

(芸能ライター 河瀬鷹男)

1 2

河瀬鷹男(かわせ・たかお)

芸能ライター

キャリアスタートはテレビ番組の制作。2014年頃から、Yahoo!ニュースやLINEニュースなど多くのニュースサイトに記事を配信している。主に、芸能系の分析を得意とする。

コメント