• HOME
  • 暮らし
  • 暴言王トランプ氏がクリントン氏に勝利できた“もう一つの”理由

暴言王トランプ氏がクリントン氏に勝利できた“もう一つの”理由

米大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏。選挙期間中は、大統領としての資質を疑う声さえありましたが、結果的にはヒラリー・クリントン氏に圧勝しました。今回は、彼の勝利を可能にした「イメージ戦略」について考えます。


トランプ氏を勝利に導いた「イメージ戦略」とは…

 全世界が注目した米大統領選は、共和党ドナルド・トランプ候補の“予想外”の勝利に終わりました。

 選挙期間中は過激な言動で物議を醸し、過去のスキャンダルなどから、大統領としての資質を疑う声さえありましたが、ふたを開けてみれば、民主党ヒラリー・クリントン氏に圧勝。日米のマーケットもトランプ氏への期待から大きく反応しているようです。

 トランプ氏が勝利した要因は何だったのか――。オトナンサー編集部では今回、同氏が打ち出した「イメージ戦略」について、カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんに取材しました。

イメージ戦略の典型は「ケネディ対ニクソン」

 そもそも、米大統領選において「イメージ戦略」が持つ意味は何でしょうか。

 花岡さんによると、ケネディ、ニクソン両氏が争った1960年選挙におけるケネディ陣営の「イメージ戦略」がその典型といいます。

 この時、初めて行われたテレビ討論会で、服装や表情、姿勢、ジェスチャーによって、好印象を与えたケネディ氏は、それまで優勢だったニクソン氏に勝利。その後、ケネディ氏が「イメージコンサルタント」を雇っていたことがわかり、これ以降、政治家や企業のトップらが、イメージプロデュースのプロであるイメージコンサルタントを起用するようになったそうです。

 ちなみにケネディ氏は当時、モノクロテレビに効果的に映るよう、白シャツにネイビーのスーツを着用し、ネクタイ、シャツ、スーツで濃淡のコントラストをつけ、テレビ用のメークをして「はつらつとした印象」の創出に成功しました。

 一方、ニクソン氏は白シャツにグレーのスーツというコントラストのない服装で、メークも拒否したため、疲れた印象を与えてしまったといいます。

1 2 3
%e8%8a%b1%e5%b2%a1%e3%81%b5%e3%81%bf%e3%82%88%e5%85%88%e7%94%9f

花岡ふみよ(はなおか・ふみよ)

カラー&イメージコンサルタント、株式会社ラピス代表取締役、ラピスアカデミー校長

人と企業をブランディングするカラー&イメージコンサルタント歴25年。似合う色や第一印象術のイメージコンサルティング実績は1万3000人。企業の色彩戦略コンサルティングやセミナー講演、研修、執筆実績も多数。株式会社ラピス(http://www.lapis234.co.jp/)、ラピスアカデミー(http://www.lapis234.com/)、サロン・ド・ラピス(http://www.lapis234.jp/)。