オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • 九州育ちの作者が“法事”で疑問に思ったことを漫画に 「分かる」「確かに疑問」と反響

九州育ちの作者が“法事”で疑問に思ったことを漫画に 「分かる」「確かに疑問」と反響

法事に行った時に疑問に思ったことを描いた漫画が話題に。母の代わりに父方の法事に出席した女性。食事を準備する時間となり、業者から届けられた料理を運ぼうとしたところ…。

法事に行った時に疑問に思ったことを描いた漫画のカット=工藤マコト(@m0721804)さん提供
法事に行った時に疑問に思ったことを描いた漫画のカット=工藤マコト(@m0721804)さん提供

 法事に行った時に疑問に思ったことを描いた漫画がSNS上で話題となっています。母の代わりに父方の法事に出席した女性。食事を準備する時間となり、業者から届けられた料理を運ぼうとしたところ、あまりの重さに驚き…という内容で、「分かる」「確かに疑問」「村社会の慣習はなかなか変わらない」「本当にあり得ない」などの声が上がっています。漫画の作者に聞きました。

以前から疑問に思っていたこと

 この漫画を描いたのは、漫画家の工藤マコト(29、ペンネーム)さんです。26歳の時に「小学館漫画賞」で佳作を受賞し、デビューしました。現在、漫画配信サイト「GANMA!」で「木曜日は君と泣きたい。」を連載中です。

Q.いつから漫画を描き始めましたか。

工藤さん「本格的に描き始めたのは22歳、就活中の時期でした。親が厳しく、漫画家を目指すのを反対されていたので諦めかけていましたが、ちょうど憧れていた漫画が最終回を迎えたので、『今、目指さなきゃ一生目指せない』と思ったのがきっかけです」

Q.この漫画を描いた理由は。 

工藤さん「お盆がきっかけです。以前から疑問に思っていたことを描いてみたいと思いました」

Q.おばさんの諦めたような表情を見た時、どのように感じましたか。 

工藤さん「言葉でうまく説明するのは難しいですが、モヤモヤとした気持ちになりました」

Q.漫画についてどのような意見が寄せられていますか。 

工藤さん「共感の声が多かったと思います。また『九州独特の』といった意見も多く、少し驚きました。田舎はどこもこんなものだろうと思っていましたので」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。 

工藤さん「まずは現在連載中の漫画を描き切りたいです。ツイッターに投稿している漫画は、あくまで原稿の息抜きとして描いています」

(報道チーム)

1 2