オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「露出度の高い服で歩く」「店のトイレを詰まらせる」も該当! 実は「法律違反」になり得る身近な行為6選【後編】

「法律違反」に該当する恐れのある行為、実は日常の身近なところに多数あるようです。あなたも行ってしまっているかもしれない“身近な犯罪行為”について、弁護士が解説します。

意外な行為も該当?
意外な行為も該当?

 法律違反になり得る「身近な行為」と聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか。誰もが日常生活上で“無意識のうちに”、“知らない間に”行ってしまいかねない違反行為について、【前編】では「路上で嘔吐(おうと)する」「ゴルフクラブを持ち歩く」といった行為を紹介しましたが、実は、他にもまだまだあるようです。どんな行為が法律に触れてしまうのか、芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士に聞きました。

自宅の「鳥の巣」撤去も“違反”

Q.日常生活で、知らない間に行ってしまいかねない「法律違反になり得る行為」は、他にも存在するのですか。

牧野さん「まだまだあります。日常生活で何気なく行ってしまうことのある、法律違反に該当する可能性をはらむ行為の例は、次の通りです」

【受け取った釣り銭が多かったが、それを申告しない・返さない】

店員からお釣りを多く受け取った場合に、「お釣りが多い」と店員に告げて返金しないと、店員がお釣りを間違えている状況で、こちら側に「告知義務」がある場合に不作為(黙って何もしないこと)による詐欺罪が成立する可能性があります。

お釣りが多いと気付いていながらそのまま立ち去ると、詐欺罪(法定刑は10年以下の懲役)が成立する可能性が高いので、注意しましょう。

【自分に処方された薬を、家族や友人に渡す】

病気やけがで医師の診察を受けて処方された薬は、他人に譲渡してはいけません。「医薬品医療機器法(薬機法)」第24条は、業としての医薬品の販売・授与・授与目的の貯蔵・陳列について、薬局開設者または医薬品販売業の許可を受けた者でなければ認めていません。「業として」とは、「反復継続し、社会通念上、事業の遂行とみることができる程度のもの」と理解されています。

第24条により、有償・無償にかかわらず、他人に処方薬を譲渡すると違反になる可能性があるので注意が必要です。この規定に違反して、有償・無償にかかわらず、他人に処方薬を譲渡すると、84条9号の規定によって、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、またはこれらの併科が課される可能性があります。

なお、2019年に、千葉県野田市の病院関係者が、販売目的で許可なく処方薬を所持していたとして、薬機法違反容疑で事情聴取を受けたと報じられました。病院関係者ではなく、患者が自分に処方された薬を譲渡した場合にも、薬機法の適用を受ける可能性があるので注意が必要です。

【行列に割り込む】

軽犯罪法第1条13号では、「公共の場所で多数の人に対し、乱暴な言動で迷惑をかけたり、公共の乗り物や演劇などの切符を買うためにできている列に割り込んだりすること」を禁じています。違反すると、拘留(1日以上30日未満の拘留)、または科料(1000円以上1万円未満の罰金)に処される可能性があります。

【自宅の敷地内に作られた鳥の巣や卵を撤去する】

合法的に巣を撤去するには、「巣作りを始めたとき」に限られます。卵やヒナのいる状態の巣の撤去は、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」に違反する可能性があります。卵やヒナのいる巣の撤去を行う場合には、市町村の許可が必要です。

【要注意】露出度が高すぎると「軽犯罪法」違反に!? “露出し過ぎ”に注意すべきファッション4例

画像ギャラリー

1 2

牧野和夫(まきの・かずお)

弁護士(日・米ミシガン州)・弁理士

1981年早稲田大学法学部卒、1991年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号、1992年米ミシガン州弁護士登録、2006年弁護士・弁理士登録。いすゞ自動車課長・審議役、アップルコンピュータ法務部長、Business Software Alliance(BSA)日本代表事務局長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員、国士舘大学法学部教授、尚美学園大学大学院客員教授、東京理科大学大学院客員教授を歴任し、現在に至る。専門は国際取引法、知的財産権、ライセンス契約、デジタルコンテンツ、インターネット法、企業法務、製造物責任、IT法務全般、個人情報保護法、法務・知財戦略、一般民事・刑事。

コメント