オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

石川震度6弱…地震頻発の日本列島 「命を守るための第一歩」とは?

「家具固定」が第一歩

 家も職場も丈夫な建物の場合には「有効な方法」で家具固定をしてください。家の補強や引っ越しに比べれば 、家具固定ははるかに安価で手軽です。そして、これが「命を守る第一歩」となるのです。地震によるけがの3~5割は、倒れてきた家具によるものです。可能ならL字金具を使って家具を壁に固定してください。これが最も強力な家具固定の方法です。

「賃貸だから無理」と思っている人は、ダメ元で大家さんに相談してみましょう。もちろんダメと言われるかも知れませんが、住人がけがをして家賃収入がなくなる可能性を考えたら、OKしてくれる大家さんもいるかもしれません。

 それに、家具固定で開く穴は数ミリ程度なので、パテ埋めすれば、ほとんど目立たなくなります。次の人に貸す時に壁紙を替えるなら、パテ埋めの必要もありません。この記事を読んでいる大家さんは、住人に相談されたら、ぜひOKを出してください。いや、むしろ大家さんの側から、住人に家具固定を勧めに行ってもよいかもしれません。

 重たい家具が倒れて死亡者が出てしまうと、そこは事故物件になってしまいます。また、危険が予見でき、回避する方法を住人から提案されたのに拒否したとなると、場合によっては、けがをした住人から訴えられるかもしれません。

 L字金具が難しい場合、突っ張り棒とストッパーの組み合わせも一つの選択肢です。どちらか一方では大きな効果は期待できないようですが、組み合わせればそれなりの効果はあるようです。ただし、つり天井など、天井に十分な強度がない場合には、効果は限定的だと考えてください。また、L字金具で固定する場合も共通ですが、上下に分かれる家具は、忘れずに連結しておきましょう。

 固定以外にも、模様替えで被害を減らす方法もあります。要は、普段人がいる場所に家具が倒れてこなければよいのです。家具同士を合体させて、倒れにくくする方法もあります。また、そもそも背の高い家具や重たい家具を置かないのがベストです。背の高い家具を低い家具に買い替えてもよいかもしれません。

 オフィスのコピー機など、車輪がついている重たいものは、地震の時に部屋中を走り回って大変危険です。壁との間に挟まれたら、致命傷を負う場合もあります。こういったものはまず車輪をロックし、可能なら床や壁に固定しましょう。床への固定はネジが理想ですが、粘着式のストッパーでもそれなりの効果を発揮します。

 ガラスや食器の飛散にも気を付けましょう。普段靴を履いていない自宅で、ガラス戸や食器の破片が飛び散ってしまうと、大けがの原因になります。ガラス戸には飛散防止フィルムを貼る、食器棚は開かないように扉にストッパーを付けるなどしておくとよいでしょう。もちろん職場のガラスも飛び散らないに越したことはありません。

 内閣府の調査によれば、自宅の家具固定をしている人は約4割です。残りの6割の皆さん、私たち素人が最近の地震と巨大地震の関係を考えても分からないので、あれこれ心配する前に、まずは家具固定をしましょう。備蓄や避難計画策定など他にもやるべきことはたくさんありますが、他の対策は全て、一発目の揺れで死ななかった場合の対策です。

 まずは発災直後に身を守るための対策を行い、それができたら他の対策に取りかかり、やれることをやりつくしてから、心配しましょう。

(近畿大学生物理工学部准教授 島崎敢)

1 2 3

島崎敢(しまざき・かん)

近畿大学生物理工学部准教授

1976年、東京都練馬区生まれ。静岡県立大学卒業後、大型トラックのドライバーなどで学費をため、早稲田大学大学院に進学し学位を取得。同大助手、助教、国立研究開発法人防災科学技術研究所特別研究員、名古屋大学未来社会創造機構特任准教授を経て、2022年4月から、近畿大学生物理工学部人間環境デザイン学科で准教授を務める。日本交通心理学会が認定する主幹総合交通心理士の他、全ての一種免許と大型二種免許、クレーンや重機など多くの資格を持つ。心理学による事故防止や災害リスク軽減を目指す研究者で、3人の娘の父親。趣味は料理と娘のヘアアレンジ。著書に「心配学〜本当の確率となぜずれる〜」(光文社)などがあり、「アベマプライム」「首都圏情報ネタドリ!」「TVタックル」などメディア出演も多数。博士(人間科学)。

コメント