オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

コロナ禍で注目! マスクで顔が分からない、あなたはどこに注目する?

近著に「年収の9割は『声』で決まる!」がある「声」の専門家、秋竹朋子さんに「声の活用方法」について聞きました。

「声」が成功の近道に?
「声」が成功の近道に?

 人がコミュニケーションを取る際、「声」と同じように重要な役割を担っているのが「表情」です。喜怒哀楽をはじめ、元気なのか、体調が悪いのか、表情を使って多くの情報を発信していきます。しかし、今はコロナ禍でマスク着用が義務化されています。表情が分かりにくいことから「感情が伝わりにくい」とも言われています。

 しかし、マスク着用をしていても好業績を達成する人たちがいます。そのような人たちの多くは「声」に注目しているといいます。今回は「声」の専門家として活動する秋竹朋子さんに「声の活用方法」について伺います。近著に「年収の9割は『声』で決まる!」(清談社Publico)があります。

マスクによる情報不足を「声」でカバー

 ビジネスシーンにおいても、仕事ができる人はもれなく表情の見せ方が上手で、相手の表情を読み取る能力にもたけています。

 しかし、現在、新型コロナウイルスへの対策として、フェーストゥーフェースのコミュニケーションには「マスク」が必須になっています。これでは、表情から発信・受信できる情報の量はごくわずか。

 こうした社会状況の中で、きちんと気持ちを交わし合い、効率性を落とさず、トラブルなくビジネスを進めるためには「声」や「話し方」が一層重要になります。

 マスクによって表情が見えづらい状況での「声」の役割は、メールやSNSでの「絵文字」の存在と似ているかもしれません。

 メールやSNSなどのネットコミュニケーションはとても便利な一方で、細かな感情が伝わりづらいという面があります。怒っていないのに不機嫌そうに映ったり、淡々とした文面が冷たい印象を与えてしまったりと気持ちの行き違いが生まれてしまうことも。

 各種の絵文字やネットスラングと呼ばれる独特な表現は、文字だけでは伝わりきらない喜怒哀楽を補ってくれます。もちろん、ごく細かな感情までは伝えきれませんが、文章の後に「笑っている顔の絵」が入っているだけで、少なくとも好意的な反応であることは分かりますよね。

 表情で気持ちを伝えられないのは寂しいことですが、今はマスク越しでも聞き取りやすく、感情が乗った「声」でそれを補い、コミュニケーションの質を落とさないことが大切。

 ビジネスの面から見れば、今、この状況での「声」の重要性に気付いた人から、ピンチをチャンスに変えることができるといってもいいでしょう。こんなときだからこそ、「声」はライバルに差をつけるための「武器」になるのです。

ビジネスシーン以外でも求められる「声」

 実は、ビジネスシーン以外でも「声」は重要視されています。経営者や政治家に求められているリーダーシップや説得力に「声」は欠かせません。

「たいしたことを言っていないのに妙に説得力があると錯覚してしまうのは『声』がいいからです。いいことを言っているのに伝わらないのは『声』の問題です。性格や習慣化された仕事の進め方は簡単に変えられませんが、『声』は簡単に変えられます。『声』が変わるだけで、仕事の成果が変わることが実証されているからです」(秋竹さん)

「プレゼン、スピーチ、電話応対、営業、接客など、ビジネスのあらゆる現場では人と人とのコミュニケーションがつきものです。そのコミュニケーションの中心となるのが、『声』を使った対話です。できる人は『声』が最強のビジネススキルだということを知っています」

 あなたは、「声」の問題で機会を逸しているとしたらどう思いますか。秋竹さんは「声」によって仕事上のミスや誤解を招いていることに気付いていないことが多いことを危惧しています。一方で、「声」を磨いたことで成功した人たちもいると指摘します。

「印象が薄い、感じが悪い、暗い、聞き取りにくい、早口という問題を抱えて、私のスクールに来る人の多くはそれらのことを他人に指摘されています。電話で伝言をお願いしたのに間違って伝わり、相手に迷惑をかけてしまったとか、『はい?』と聞き返されて嫌な気持ちになったなどの経験、ありませんか?」

「『声』が原因でトラブルにつなかっているケースは意外にあるのです。いい『声』で話せば、話す言葉に説得力が増し、好感度が上がったり、人から信頼されたりと効果が得られます。『声』が仕事の成果を左右するのは、もはや当たり前のことなのです」

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家 尾藤克之

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント