オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

批判するだけでは「24時間テレビ」を正しく評価できない

今年も放映された夏の風物詩「24時間テレビ」。さまざまな批判がある中で、筆者が番組を肯定する理由とは。

「募金ラン」に参加した土屋太鳳さん
「募金ラン」に参加した土屋太鳳さん

 夏の風物詩「24時間テレビ」が今年も放映されました。今年3月、新型コロナウイルス感染症による肺炎で死去した志村けんさんを追悼するドラマや、昔の番組の秘蔵版が放映されるなど、従来の障害者支援よりエンタメ色が濃い内容となりました。

 今年も番組放送後、募金総額が報道され、出演者のギャラや番組制作費、定番のお涙頂戴的な番組内容に批判の声が上がりました。筆者は学生時代から障害者支援活動に携わり、現在は障害者支援団体を運営しています。「24時間テレビ」については、賛否を含めて話題になることから、啓蒙や教育的効果が期待できるという肯定の立場です。

日本における寄付の現状

 皆さまは、チャリティーなどにおける日本の寄付の現状をご存じでしょうか。英国に本部がある慈善団体「Charities Aid Foundation」の「world giving index 2018」では、日本の寄付活動が先進国最低の128位であることが明らかになっています。

 認定NPO法人日本ファンドレイジング協会が公開する「寄付白書2017」によると、日本全体の寄付市場規模は7756億円(名目GDP比0.14%)、米国30兆6664億円(同1.44%)となっています。日本の個人寄付平均額は2万7013円、米国1155ドルです。

 2017年の米ドル対円相場が115円ですから、米国の個人寄付平均額は13万2825円。日本の約5倍です。日本は寄付率も1人当たり寄付額も低いと言わざるを得えません。これらを踏まえれば、「24時間テレビ」の活動意義は非常に大きいと考えられるのです。

「24時間テレビ」について、募金の使い方に異論を唱える人がいます。公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会として、事業報告書/決算報告書/事業計画書について情報公開を行っています。批判される方は、公開されている情報を精査してください。詳細が確認できます。

「参加者の芸能人にギャラを支払うことはおかしい」と言われる人がいます。しかし、1回の放送で億単位の募金を集めることができる「24時間テレビ」の存在は貴重です。

 チャリティーのあり方について議論が起こることはよいことです。しかし、単純な番組批判をしたところで何の発展もありません。公益法人、特定非営利活動法人、大学法人、社会福祉法人のファンドレイジングや、芸能人やスポーツ選手などのチャリティー参加のあり方などについて考察することで議論が深まると考えています。

募金は何に使われているか

 メインの福祉支援としては、福祉車両(リフト付きバス、訪問入浴車)、盲導犬の啓発事業があります。2016年12月14日の日テレニュースによると、39年間で1万647台を贈呈したとあります。年間273台平均です。金額は5億~6億円程度で募金総額の約半分程度が充当されているものと考えられます。誰も文句をつけられない支援といえるでしょう。

 テレビ局はチャリティーが本業ではありません。そのため、プロフェッショナルな支援活動には限界があります。番組には当事者の思いや願いを反映させることが望ましいはずです。そのためにも、専門家が一層の知恵を絞っていくことが望ましいと思われます。

 また、募金活動は日テレが行っているのではありません。公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会が行っています。番組制作費と募金は別会計で、テレビ局として募金そのものにはタッチしていません。従って、出演者にはギャラを払うという建前があるのだと考えます。

 営利企業であるテレビ局が番組制作費まで無償で提供する必要性はありません。出演者のギャラについても同じことがいえます。テレビ局や広告代理店はスポンサーから多額の広告収入を得ています。「すべてチャリティーだと思い込む」のは視聴者の勝手なのです。

 日本では、「ボランティアとは無償で運営されるもの」と考えている人がいます。そのような考え方を持つと、番組を正しく評価できなくなります。事実、「24時間テレビ」のチャリティーにより多くの募金が集まり、それが被災地や恵まれない人たちのために使われていることは間違いないからです。

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員 尾藤克之

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント

6件のコメント

  1. 批判されるようなことばかりだから仕方ない
    バラエティ色を無くして純粋にドキュメントとして再出発して欲しい

    • 筆者の尾藤です。議論になり啓蒙がすすむことはいいことです。批判するだけではなにも生まれません。ぜひ建設的な議論を!

  2. とても納得できる内容でした。
    募金の文化が根付いていない日本でこの番組を制作する意義はあると思います。改善の余地もあるかとは思いますが、何もかも否定していては何も生まれませんね。

    • 筆者の尾藤です。コメント有難うございます。やみくもに批判するだけではなにも生まれません。建設的な議論が必要です!

  3. 事情はわかりましたが営利事業で寄付を募るのはやはりおかしいと思います。なぜなら儲けが出ているからです。TV局ではない他の団体が主催するチャリティを中継するのであればOKですが

    • 24時間テレビが「100%正しい」と主張しているのではありません。障害者を取り巻く歴史や環境、さらには番組終了後は賛否を含めて話題になることから「啓蒙や教育的効果が期待できる」と考えています。