オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

いまや、ペットの新常識? 「保護犬」を家庭に迎え入れるメリットや方法とは

さまざまな理由から保健所などに保護される「保護犬」の殺処分が社会問題として注目を集めています。長年、保護犬を救う活動を行う小野早希恵さんに話を聞きました。

宮古島から東京に移送され、看護される骨折した保護犬
宮古島から東京に移送され、看護される骨折した保護犬

 飼育放棄や迷子などの理由で、保健所や動物愛護センター、レスキュー団体などに一時的に保護されている「保護犬」。皇室の愛子内親王が保護犬を迎えているのは有名な話で、芸能界でも、滝川クリステルさんやローラさん、岩城滉一さん&結城アンナさん夫妻、安藤裕子さんら多くの方が保護犬を迎えています。

 今回は、保護犬を救う活動などを行い、10年間で約1000頭の譲渡につなげた一般社団法人「Loveセラピープロジェクト ひいらぎちーむ」代表、小野早希恵さんに話を聞きました。小野さんは「『殺処分0頭』が目標と思われがちですが、本来の目的は放棄される犬がいなくなること。つまり『収容0頭』になることです」と語ります。

命をケアする喜びがいじめ防止に

Q.どうして、保護犬を迎える家庭が増えているのでしょうか。

小野さん「例えば、小さい頃から命のケアをする喜びを持つと、いじめや虐待防止につながるという理由から『命の授業』を行う小学校が増えています。私の活動でも、保護犬の存在や命の大切さを伝えたり、動物の心音を体で感じてもらったりしています。

家に帰った小学生が『保護犬を迎えて元気になるようにお世話をしたい!』と伝えて里親希望を出し、けがや病気をした犬を家族で団結してお世話することに、高い価値があると考える方が増えていることも、保護犬を迎えるご家庭が増えている要因だと思います」

Q.保護犬は保健所でどのように過ごし、家庭に迎えられるのでしょうか。

小野さん「一定期間、保健所・動物愛護センターに収容され、譲渡適性テストをした後、譲渡講習会を受けた方に一般譲渡を行います。または、レスキュー団体が健康診断・避妊去勢などの医療を施し、団体からの譲渡を行います。

殺処分する基準は都道府県によって異なりますが、例えば東京都の場合、譲渡に向いていない問題行動(「かみつき」など)がある犬もトレーナーを付け、行動改善をして譲渡につなげる方針があるそうです」

Q.保護犬を迎えることには、どのようなメリットがありますか。

小野さん「保護犬はあらかじめ性格や行動パターンが分かるため、自分のライフスタイルに合った犬種や年齢の犬を迎えることができるのがメリットです。トライアルがあるため、先住犬との相性も確認できます」

Q.例えば、どのようなケースがあるのでしょうか。

小野さん「都会のマンションに暮らす会社勤めの方は、犬のお留守番の時間や『ほえ』が気になる方が多いと思います。そこで、昼間はあまり動かず、ほえにくく、怖がりな習性のある野犬が合っていることが多いです。『野犬を迎えて、心を開いてくれる過程に心の充実感を感じた』という意見も聞きます。

また、高齢者施設に譲渡したところ、気持ちが和らぎ、睡眠薬が要らなくなった高齢者もいました」

1 2

コメント

2件のコメント

  1. 保護犬を迎える事は、とても素敵な事です。
    保護犬を預かり、里親に繋ぐボランティアをしています。
    記事にあるように、保護犬は怖がりだったり、人馴れしてなかったりしますが、だんだんと家族の一員に
    なっていく課程では、心の充実感を感じる事ができます。
    生きていく上で、精神的に助けられる事が沢山あります。
    ぜひ、保護犬を迎えてみて下さい!

  2. 豊かであるべき日本が、世界ワ-ストNO.1の「犬猫殺処分」大国という事実は恥ずべきこと。そんな中、ガス室直前の犬猫をレスキューし温かい里親さんに繋げる活動や、保護犬を家族として迎える行動は、命を尊ぶ価値ある行動だと思います。お金も手間も時間もかかる活動ですが、引き続き頑張って貰いたいですね。日本全国、津々浦々まで保護犬・保護猫を迎えることが、常識になりますように。