オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ママがくれたお茶を床に…いたずらをした息子が言い放った言葉描く漫画に「びっくり」

いたずらをした後の息子の言葉を描いた漫画が話題に。ママに、「おちゃがのみたい」と言う2歳の息子。しかし、お茶を床にこぼすいたずらをして…。

いたずらをした後の息子の言葉を描いた漫画のカット=いかりビーンズ(bochan_musumekko_biyori)さん提供
いたずらをした後の息子の言葉を描いた漫画のカット=いかりビーンズ(bochan_musumekko_biyori)さん提供

 いたずらをした後の息子の言葉を描いた漫画がSNS上で話題となっています。ママに、「おちゃが飲みたい」と言う2歳の息子。しかし、お茶を床にこぼすいたずらをした後、ママに衝撃的な言葉を放ち…という内容で「かわいいけど、ダメだ(笑)」「びっくり」「なんか癒やされました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

大人の想像をはるかに超える発言

 この漫画を描いたのは、主婦のいかりビーンズ(ペンネーム)さん(29)です。インスタグラムで子育て漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

いかりビーンズさん「もともと絵を描くのが好きで、長男が1歳6カ月の頃から始めました。ささいな日常を、成長記録として絵に残しておきたいと思ったのがきっかけです」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

いかりビーンズさん「大人では考えられない発言で、衝撃的だったので思わず描きました」

Q.「ママには内緒ね」は誰が言い出したのでしょうか。

いかりビーンズさん「パパです。私に隠れて、長男に好きなおかずやお菓子あげるときによく使っていました」

Q.ママに指摘された後、息子さんはどんな様子でしたか。

いかりビーンズさん「ものすごくニヤニヤしていました」

Q.今でも「ママに内緒」でやっていることはありますか。

いかりビーンズさん「いたずらをするときに、よく『ママに内緒』と言っています。壁に落書きをしたり、ボールペンを何本も分解したり…まあ、バレバレなんですけどね」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

いかりビーンズさん「『バレバレなのにやってのける精神がすごい』とお褒めいただきました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

いかりビーンズさん「子どもならではの発想力と言動は、大人のイライラや不安、疲れを吹き飛ばす力があると思うので、今後もクスリと笑えるような漫画を描いていきたいです。わが家は2人きょうだいで、男の子と女の子の違いなどをよく聞かれるので、その辺も描きたいと思っています」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

コメント