オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「3年A組」出演・望月歩、挑戦したい役は“教師”「引っ張っていく感じを味わいたい」

「五億円のじんせい」で映画初主演を果たした望月歩さんに単独インタビュー。初主演で意識したことや5億円の使い道、挑戦してみたい役などを聞きました。

 ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演するなど活躍中の俳優、望月歩さんの初主演映画「五億円のじんせい」。同作は、幼少時に難病を患っていた高月望来(望月さん)は5億円の募金で手術を受け、健康に成長しています。17歳になった望来を待っていたのは「5億円にふさわしい人間」という周囲からの期待。SNSで自殺宣言した望来のもとに見知らぬアカウントから「死ぬなら5億円返してから死ね」とメッセージが届き、5億円を稼ぐため旅に出る…GYAOとアミューズによるオリジナル映画製作プロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」第1回グランプリ受賞作です。

 オトナンサー編集部では、望月さんに単独インタビューを実施。初主演で意識したことや5億円の使い道、挑戦してみたい役などを聞きました。

初めての主演に感じた責任

Q.脚本を読まれていかがでしたか。

望月さん(以下敬称略)「純粋に面白いと思いました。あとは登場人物が多いと感じて、どうなるんだろうと思いました。誰がやるんだろう、どうなるんだろうという自分の中の妄想、想像が回っていました」

Q.初主演ということで意識したことはありますか。

望月「主演は初めてだったので責任は感じていて、だからこそ、きちんと準備して撮影に挑みました。準備期間に監督とは何度も話して、役と作品について詰めていきました」

Q.役作りで何か特別にされたことは。

望月「傷が見えるシーンがあるんですが、そのシーンの撮影以降、傷が見えないシーンでも傷を書いてもらっていました。望来を演じる上ですごくいい感覚が胸に残っていて、役に入りやすくなりました」

Q.望来と似ているところはありますか。

望月「望来は本当の自分が出せない、周りの理想とする姿を演じなければという気持ちがあります。自分も役者をやらせてもらっていて、役者の自分と素の自分を分けているので分かる部分がありました」

Q.最初と最後が同じセリフですが、映画を全部見ると意味合いが変わって受け取れます。どのような気持ちが込められていますか。

望月「最後は未来に向かっているという感覚ですね。明確な目的があるみたいな。最初は17歳になった望来の気持ちの説明みたいな感じでした」

Q.今回、一番の挑戦はどんなことでしたか。

望月「主演なので出ずっぱりで、ちゃんと経験して僕自身が成長していくのは挑戦だったのかなと思います。同じ役でここまで大勢の先輩の役者さんたちと絡むことも勉強になりました」

Q.もし、5億円を手に入れたら。

望月「まず、両親に家を買うのが夢なので家を買います。撮影直後は残りを募金したいなと思っていましたが、最近、海外の映画祭に初めて行き、そのせいで旅にも行きたくなりました。アイスランドに大きな温泉があって、そこに行ってみたいと思っています」

Q.今後、挑戦してみたい役は。

望月「『先生』役です。『3年A組』の菅田将暉さんの影響です。一対多でやっている感じや、皆を引っ張っていく感じを味わってみたいなと思いました。自分は同世代と共演することが少なかったので、『3年A組』は同世代が多くて楽しい現場でした」

Q.お芝居以外で興味のあることを教えてください。

望月「実況者ですね。ゲームが大好きで、ゲーム実況がやってみたいです」

Q.リフレッシュにしていることはありますか。

望月「普段、リフレッシュするほど疲れていないんですよ。普段のゲームや風呂、映画、ご飯がリフレッシュになっている感じで、それほど疲れないサイクルになっています。『じゃ、リフレッシュしよう』みたいなことはないです」

 映画「五億円のじんせい」は7月20日から全国順次公開。

(オトナンサー編集部)

コメント