オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「ふみロス」患者が急増中、“新婚”木村文乃はなぜこんなに人気なのか

「旦那さんがうらやましい…」はごもっとも

 それでは、木村さんがSNSを活用して作り上げている“イメージ”について、花岡さんはどのような印象を持っているでしょうか。

「木村さんの、インスタグラムにおけるセルフプロデュース術は『素晴らしい』のひと言です」。

 インスタにアップされる「ふみ飯」は肉じゃがにみそ汁、おにぎりなど「男性が作ってほしいと思う家庭的な手料理ばかり」。また、木目調のテーブルを使った食卓が「ナチュラルでヘルシーなイメージ」を見事に醸し出しているといいます。

 インスタの「日々のんびり暮らしたいだけなんです」というメッセージからは“スローライフ志向”が感じられ、忙しいビジネスマンなどの共感を得やすいとのこと。

 花岡さんは「『ふみ飯』を毎日堪能できる旦那さんがうらやましい、という世の男性の声はごもっとも。『癒やし』や『家庭的なぬくもり』を求める男性が『ふみロス』になるのも納得です」と話しています。

(オトナンサー編集部)

1 2

花岡ふみよ(はなおか・ふみよ)

カラー&イメージコンサルタント、株式会社ラピス代表取締役、ラピスアカデミー校長

人と企業をブランディングするカラー&イメージコンサルタント歴25年。似合う色や第一印象術のイメージコンサルティング実績は1万3000人。企業の色彩戦略コンサルティングやセミナー講演、研修、執筆実績も多数。株式会社ラピス(http://www.lapis234.co.jp/)、ラピスアカデミー(http://www.lapis234.com/)、サロン・ド・ラピス(http://www.lapis234.jp/)。

コメント