オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

家電量販店、雑貨店、博物館…“撮影禁止”から一転、撮影OKの施設が増加している理由

「撮影禁止」が一般的だった、商業施設や美術館、博物館で撮影できるケースが増えています。

オリジナル家電ブランド「HashTAG」の商品が並ぶビックカメラ店内
オリジナル家電ブランド「HashTAG」の商品が並ぶビックカメラ店内

 近年、施設内での撮影を許可する商業施設や美術館が増えています。以前は、情報漏えい対策や著作権保護などの理由から、撮影禁止というところが多かっただけに、ネット上では「撮影いいの!?」「知らなかった」「撮影ダメなところが多いので珍しい」などの声が上がっています。撮影を許可する理由について、各施設の担当者に聞きました。

SNS投稿と売り上げ増狙う

 家電量販店のビックカメラ(東京都豊島区)は、2017年秋から全店で店内撮影を許可しています。広報・IR部の担当者は「SNSの利用が拡大する中、お客さまが欲しい商品や良いと思った商品を、家族や知り合いと共有していただくためです。『欲しかった商品を購入できたり、良い商品に巡り合えたりした喜びを共有できる』と好評です」と話します。

 2015年12月から設置している、調理器具ブランド「バーミキュラ」のコーナーは、店内撮影ができるようになってから売り上げに変化が見られたそうです。担当者は「お客さまによるSNSへの投稿が増え、大きな反響がありました。『SNS映えする』として人気が出た炊飯器や、『ビックカメラで買えるの?』と驚かれた鋳物ホーロー鍋があります。コーナーの認知度も向上しました」としています。

 ビックカメラは、SNS映えを意識したオリジナル家電「HashTAG(ハッシュタグ)」の調理器具も販売しており、担当者は「若い女性を中心に好評で、売り場で『商品を見つけた』とSNSに投稿してくださるお客さまもおられます」。

 家電量販店のヨドバシカメラ(東京都新宿区)も、「スマホを活用した快適なショッピングの提供」を目的に、2015年9月から全店で店内の撮影やSNSへの投稿を許可。大創産業(広島県東広島市)が運営する100円ショップ「ザ・ダイソー」でも、店内撮影やSNSへの投稿を許可しています。

フォトスポットにXmas関連商品を陳列

ロフト店内に設置されたフォトスポット(ロフト提供)
ロフト店内に設置されたフォトスポット(ロフト提供)

 国内112店で雑貨や日用品などを販売するロフト(東京都渋谷区)は、一部店舗で撮影専用のフォトスポットを設けています。季節に応じたお薦め商品を集め、遊び心のある売り場にすることで、撮影やSNSへの投稿を促しています。例えば、銀座ロフトでは現在、フォトスポットにクリスマスにちなんだ商品を陳列。そばには、中に入って撮影ができる、透明な半球状の「ドームテント」も設置しています。

 銀座ロフトの担当者に話を聞きました。

Q.なぜフォトスポットを設置したのですか。

担当者「当店では2017年6月の開店以来、SNSを通じた情報発信やお客さまとのコミュニケーションを大切にした店作りに取り組んできました。お客さまに少しでも銀座ロフトのことを知ってほしいという思いから、お客さま自身に写真を撮ってもらい、共有していただければうれしいと考えています。

そこで、お客さまが思わず写真や動画を撮りたくなるような売り場として、フォトスポットを設置しました。フォトスポットを『今、一番お客さまに見てほしいおすすめの売り場』と捉え、日頃から商品のセレクトや陳列などに力を入れています」

Q.フォトスポット設置の効果はいかがですか。

担当者「SNSのフォロワーが増えるに連れ、売り場や商品への注目度が上がっていると感じます。SNSで共有された商品についての質問や購入も増えています」

Q.お客さんの反応は。

担当者「家族連れや友達同士で写真を撮り合う姿がよく見られます。動きのある商品を動画で撮るお客さまも多く、『面白い』『魅力的』だと感じたことを拡散したいというニーズにマッチしているようです」

1 2 3

コメント