オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 中条あやみ、佐野勇斗演じる“つっつん”がタイプ「真面目で優しい」

中条あやみ、佐野勇斗演じる“つっつん”がタイプ「真面目で優しい」

映画「3D彼女 リアルガール」でリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉を演じる中条あやみさん、オタク高校生・筒井光役の佐野勇斗さんにインタビュー。お互いの印象や恋愛観などについて聞きました。

(左から)中条あやみさん、佐野勇斗さん
(左から)中条あやみさん、佐野勇斗さん

 主演の中条あやみさんがリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉を、共演の佐野勇斗さんがオタク高校生・筒井光(つっつん)を演じる映画「3D彼女 リアルガール」(9月14日公開)。同作は、書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・色葉を助けた筒井が、そのことをきっかけに色葉から告白され、新手のイジメかと疑いながらも交際を始める、人気少女漫画の実写化作品です。

 オトナンサー編集部では、中条さんと佐野さんにインタビューを実施。お互いの印象や恋愛観などについて聞きました。

二人の“オタク的要素”は?

Q.原作を読まれた感想を教えてください。

中条さん(以下敬称略)「甘々な少女漫画だと思っていたのですが、実際読んでみると、全然違いました。6人の友情や青春が丁寧に、愛情を持って描かれている漫画です。2人が付き合ってからの展開も面白くて。登場人物が美男美女で洋服もかわいいし、男子が見ても女子が見ても、面白い漫画です」

佐野さん(同)「少女漫画なので胸キュンシーンが多かったりするのかと思っていましたが、本当に面白かったです。『電車男』が好きなのですが、オタクと美女の恋ということで、似ているので参考にしました」

Q.お二人は、オタク的な要素はお持ちですか。

中条「海外ゴシップです。愛読誌が『GOSSIPS』で、中学校から読んでいます。スキャンダルだけでなく、モデルの私服やダイエット法、誰と誰が付き合っているとか、そういうニュースが載っています」

佐野「『トイ・ストーリー』や『ドラゴンボール』が好きですね。『ドラゴンボール』は“スーパー”や“GT”ではなく、一番最初のものと“Z”が好きです。『トイ・ストーリー』は1と2が好きです」

Q.今回の仕事が初対面だそうですが、お互いの第一印象は。

佐野「怖そうだなと思っていたのですが、真逆でした、明るい人です」

中条「もっと褒めて(笑)」

佐野「本人の目の前で恥ずかしいじゃないですか。いい人です、なかなかこんな人いないです」

中条「もっと詳しく(笑)」

佐野「欲しがるな(笑)欲しがるな(笑)基本的に僕は女友達が多いわけじゃないし、相談もできないのですが結構何でも話せます。僕のことは全部知っていると思いますよ」

中条「だって自分で言うんだもん(笑)アーティストさんということもあり、どういう方なのか想像できず緊張していたら、顔合せした時に冗談を言ってきました(笑)」

Q.色葉は自分から告白しますが、お二人とも自分から告白できますか。

佐野「余裕です。体育館の裏とかで毎日していました……正直、ほんと無理です」

中条「今の時間返して(笑)」

佐野「昔は無理だと思っていましたが、今は自分から告白したいと思います」

中条「私は言えます」

Q.中条さんの好きなタイプは。

中条「つっつんみたいな真面目で優しいタイプが好きです」

Q.今後の仕事でやりたいことを教えてください。

中条「役で歌と踊りをやったので、いつかミュージカルができたらいいなと。難しいのは分かっていますが、いつかできたらいいなと思っています。ちょい役とかでいいので」

佐野「海外でロケをやって、カメラが入ってくれるならそこで現地の人たちが食べている珍味を食べてみたいです」

Q.ハロウィーンのシーンが重要ですが、ハロウィーンの思い出はありますか。

中条「創作コスプレをしたことがあります。皆でコスプレすることになり、その辺の雑貨屋さんで、予算数千円でやりました」

佐野「女の子がお菓子を配ってくれたことはありましたが、そこまで盛んではなかったです」

中条「これを機につっつんのコスプレしてみたら?(笑)」

佐野「本人のコスプレっておかしいでしょ(笑)」

 映画「3D彼女 リアルガール」は9月14日から全国公開。

(エンタメチーム)