オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

今すぐやめて! なぜかお金がたまらない人の生活に根付いている「6つの悪習慣」

「なぜかお金がたまらない」原因は、あなたの生活に根付いている「悪習慣」にあるかもしれません。「なぜかお金がたまらない人」にみられやすい“日常生活上の習慣”を、FPが教えます。

「なぜかお金がたまらない人」の日常に潜む“悪習慣”って?
「なぜかお金がたまらない人」の日常に潜む“悪習慣”って?

 収入が極端に少ないわけでもないのに、ちゃんと貯金をしているのに、なぜか「なかなかお金がたまらない!」と悩んでいる人、少なからずいるのではないでしょうか。お金がたまらない理由には、普段の生活の中に根付いてしまっている“悪習慣”が関係している可能性があるようです。

「なぜかお金がたまらない人」に共通してみられやすいのは、どのような“悪習慣”なのでしょうか。ファイナンシャルプランナーの佐藤沙也加さんが解説します。

「収入-生活費=貯蓄」になっている

「なぜかお金がたまらない」「なかなか貯金が増えない」……こうした人には、共通してみられることの多い“日常生活上の習慣”があります。次に挙げる6つの習慣に、心当たりはありませんか。

【習慣1:毎月の収入と支出が把握できていない】

収入は給与明細や銀行口座で把握している人も多いですが、支出はいかがでしょうか。毎月の収入からお金をためていくには、まず収入よりも支出が下回っている必要があります。ざっくりでも構わないので、ご自身の支出がどの程度あるのかを把握することが第一歩です。

【習慣2:「先取り貯蓄」ができていない】

お金がなかなかたまらない人にみられる行動習慣の一つとして、「収入-生活費=貯蓄」(お金が余ったら貯蓄に回す)になっていることが考えられます。

お金をためるには、その意識とある程度の強制力が必要です。それには「収入-貯蓄=生活費」(収入から貯蓄すべきお金を先に差し引いて、残ったお金で生活をする)という形が理想です。

【習慣3:さまざまなサブスク契約をしている】

月額制や定額制で料金を支払うことで音楽や動画が視聴できたり、雑誌が読み放題になったりするサービス「サブスクリプション」(サブスク)。最近では洋服のサブスクなども登場し、何かしら利用している人が多いのではないでしょうか。

「ひと月数百円だから」と気軽に契約し始めると、いつの間にか月の固定費を圧迫していることがあります。また、使わないのに解約し忘れて、お金を払い続けている人も見受けられます。

【習慣4:衝動買いや「ついで買い」をついついしてしまう】

何にいくら使うか、またそれが高いのか安いのかは、人それぞれの価値観によるものです。購入や行動の対価として金銭が発生しても、今後の人生のモチベーションになるのならば、無駄とも言い切れません。ただ、お金を払う前にいったん踏みとどまり、「自分にとって本当に必要なものなのかどうか」考える癖をつけてみてはいかがでしょうか。無駄遣いが減るはずです。

【習慣5:貯蓄と消費にメリハリがない】

「とにかくお金は使わない」と節約に躍起になっている人をお見受けしますが、そればかりでは無理が出て長続きしない傾向にあります。自身にとって「必要」「興味がある」ことにはお金を使うことを惜しまない代わりに、それ以外の日常は徹底して節約する、という“メリハリ消費”の方が続きやすいです。

【習慣6:理解しないまま金融商品に手を出す】

昨今、新NISA(少額投資非課税制度)の導入や日経平均株価の最高値突破を受け、資産運用に前向きな人が増えてきました。長年関心の向くことのなかった資産運用が注目されるのはよい傾向といえますが、無知識のまま、あおりに乗ってしまうとハイリスクな金融商品に手を出して失敗する人も現れます。

「知人に勧められたから」「最近よく聞くから」などはきっかけに過ぎません。慌てて飛びつくのではなく、一定の金融リテラシーを身に付ける努力も必要です。

【チェックリスト】「もしかして…あなたも当てはまる…?」 これが、お金がたまらない人の「悪習慣」です!

画像ギャラリー

1 2

佐藤沙也加(さとう・さやか)

ファイナンシャルプランナー(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

大学卒業後、銀行へ就職し金融の仕組みを学ぶ。その後、総合保険代理店で、あらゆる保険商品を扱うことのできる生命保険募集人(一般および専門課程)、損害保険募集人となる。保険外交員を務める傍ら、中小企業や個人に対して金融アドバイスをする機会が多くあり、金融全般の仕組みや資産形成に役立つアドバイスをするために、国家資格である「1級ファイナンシャル・プランニング技能士」、海外でも共通の国際資格である「CFP(Certified Financial Planner)」、証券業務を扱うことのできる「証券外務員一種」なども取得し、中小企業や個人の資産形成に役立つ適切なアドバイスが人気の現役FP。2024年度の税制改正法成立に伴い、個人投資家を対象にした優遇税制である「新NISA」と呼ばれる制度の使い方や、個人型確定拠出年金制度(iDeCo)などの賢い使い方、趣味のゴルフや美容関連銘柄の株主優待などお得な株情報も発信し、投資を身近に分かりやすく解説し人気を博している。

コメント

1件のコメント

  1. 朝昼夕方夜と1日4回コンビニに行っていましたが止めたら面白いようにお金が貯まりました。無駄なルーテイン地獄から抜け出せて大満足です・・・。