オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

梶裕貴&山寺宏一、窪塚洋介の“声”絶賛「いろんな気持ちや色気が出ていました」

梶裕貴さん、山寺宏一さん、窪塚洋介さん、堤幸彦監督が、都内で行われた「Amazon Audible」のプレス向け発表会に出席しました。

(左から)窪塚洋介さん、梶裕貴さん、山寺宏一さん、堤幸彦監督
(左から)窪塚洋介さん、梶裕貴さん、山寺宏一さん、堤幸彦監督

 声優の梶裕貴さん、山寺宏一さん、俳優の窪塚洋介さん、堤幸彦監督が11月19日、都内で行われた「Amazon Audible」のプレス向け発表会に出席しました。

 Amazonが手がけるオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービス「Audible」で11月19日より随時配信される「アレク氏 2120」。同作は、大学に通う西門慧(梶さん)が大事にしているAIスピーカーに、AI刑事アレク氏(山寺さん)が2120年の未来からタイムトラベルをして住み着いてしまいます。アレク氏は同じく2120年から来たAI犯罪者ASKR(窪塚さん)を捕まえるため慧に助力を求めるオーディオドラマです。

 窪塚さんは「声優は素人。過去に実写の吹き替えに出て、二度とやるまいと思っていましたが、アニメやこういう“聴く映画”は挑戦したいと思っていました」とコメント。

 梶さん、山寺さんとの共演の感想を聞かれると「収録している後ろ姿を見て、ヒマラヤ山脈を見ながらアフレコするような気持ちでしたが、エネルギーや新しい刺激をもらって挑戦できたので楽しかったです」と振り返りました。

 梶さんは「掛け合いのお芝居もできて楽しかったですね。声優のアフレコ現場とは違う角度で想像もしないような表現があって、自分からも新しい表現が引き出される感覚がありました」と話し、山寺さんは「窪塚さんの中にある、いろんな気持ちや色気が出ていましたよ」と感想を語っていました。

(オトナンサー編集部)

コメント