オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【漫画】大雨の朝、母親が渡す雨具を“俺は最強だ”と拒否する息子 その直後…「男子(笑)」

雨の日の朝の、母親と息子たちのやりとりを描いた漫画が話題に。大雨の日の朝、登校する長男と次男に傘とレインコートを使うよう伝えた母親ですが…。

雨の日の朝の、母親と息子たちのやりとりを描いた漫画のカット=いで あい(ideaizo)さん提供
雨の日の朝の、母親と息子たちのやりとりを描いた漫画のカット=いで あい(ideaizo)さん提供

 雨の日の朝の、母親と息子たちのやりとりを描いた漫画がSNS上で話題となっています。大雨の日の朝、登校する中学2年生の長男と小学4年生の次男に傘とレインコートを使うよう伝えた母親。しかし、2人とも「絶対にいらない」の一点張りで…という内容で「ワイルドですね」「男子(笑)」「うちでも毎回同じことが…」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

「最強だから」という謎の理由…

 この漫画を描いたのは、いで あいさんです。現在、育児休暇中で、子育てをしながら漫画を描いています。4兄弟との日常の出来事をインスタグラムに投稿しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

いで あいさん「男子たちの謎の生態を漫画にして残しておこうと思い、描きました。雨をものともしない行動、『最強だから』という謎の理由、すべてが私の常識を超えていて、本当に目玉が飛び出そうでした。想像の斜め上を行く息子たちとの生活で起こる何気ない出来事を、漫画で残せたらいいなと思っています」

Q.雨の日にこういうやりとりをするようになったのは、いつごろからですか。

いで あいさん「小さい頃から、たくましく育ってほしくて、悪天候でも自分の足で登校するよう言い聞かせてきた気がします。小学校高学年になる頃には、大雨でも私をあてにせず登校するようになりましたが、雨具を使わないたくましさは完全に予想を超えました」

Q.雨にぬれて登校した後、学校ではどうしているのでしょうか。

いで あいさん「ぬれたままでいるようです。帰宅後に『授業中、びしょぬれだったでしょう?』と聞くと、『ああうん、びしょぬれだったよ、普通に。何か?』という反応なんですよ。『普通』って何でしょうね。理解しがたい不思議な生き物たちです」

Q.傘を差さずに登校して、体調を崩したことはないのですか。

いで あいさん「そういえば、ありません。バカは何とかって…あ、いや、いつも健康でありがたいことです」

Q.ちなみに、どれくらいの雨なら雨具を使うのでしょうか。

いで あいさん「最近、使っているところを見たことがありません。傘を手に持っていますが、差していません」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

いで あいさん「『なぜ?』『謎〜!』という驚きの声が多くありました。『男の子特有の生態!』と面白がっていただいたり、『自分もそうでした!』『いたいた! そういう男子!』などと、お仲間がいるようでうれしかったです。中には『ワイルドでかっこいい!』と褒めてくださる方もいました。私の動揺に共感してくれる現役ママさんたちの声もうれしかったです」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

コメント

1件のコメント

  1. うちと同じで笑っちゃいました。
    うちの小5の息子は、走れば濡れないとか言って傘を無理やり持たせてもさしません。
    ささないのに半年ももたずに壊れちゃうので、もう傘を買うのを止めようかと思っています。