オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

吉沢亮、ミルクボーイ…情報番組のマンスリーキャストに“旬の人”が集まる理由

生放送の進行役という貴重な経験

 タレント側にとっても、情報番組へのマンスリー出演は出演作を集中的に宣伝できるチャンスである上に、本業につながる経験値アップが見込まれ、ファン層を広げることもできるなどいいことずくめ。

 たとえば、俳優は情報番組にゲストとして出演することはあっても、進行役を務めることはめったにありません。コーナーの進行、ニュース読み、レギュラー同士のトークなどを生放送の中で行うわけですから、その経験値は俳優人生にも生きるはずです。

 また、朝と夜の視聴者層は重ならないことも多く、最近では「テレビは朝しか見ない」という人も。そういう人に興味を持ってもらえればファン層拡大につながりますし、俳優なら朝ドラや大河ドラマなどの「幅広い視聴者層の認知度が求められる作品からのオファーを引き寄せる」とも言えます。

 その他にも、「既存のファンにこれまでとは異なる表情や新たな魅力を見せることができる」「朝のさわやかなイメージがつくことで、CMオファーにもつながりやすい」などのメリットがあり、期間限定なのでスケジュールとしても気持ちとしても受けやすいことも、積極的な出演につながっています。

 今後ますます「情報番組のパーソナリティーやプレゼンターは初めて」というタレントが増えることは間違いないでしょう。

(コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志)

1 2

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、コンサルタント、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間30本前後のコラムを寄稿するほか、「週刊フジテレビ批評」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアー、人間関係のコンサルタントとしても活動中。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント