オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

コンビニ店員の高校生とOLのやり取り描く漫画 背が低い彼女のために…「続き読みたい」と反響

コンビニ店員の男子高生と、常連客のOLとのやり取りを描いた漫画が話題に。背が低く、棚からなかなか飲み物を取り出せないOL。そんな女性に魅力を感じた男子高生は…。

漫画「コンビニで君との5分間。」のカット=一永のぞみ(@nozo717)さん提供
漫画「コンビニで君との5分間。」のカット=一永のぞみ(@nozo717)さん提供

 コンビニ店員の男子高生と、常連客のOLとのやり取りを描いた漫画「コンビニで君との5分間。」がSNS上で話題となっています。背が低く、棚からなかなか飲み物を取り出せないOL。そんな女性に魅力を感じた男子高生は…という内容で、「かわいい」「癒される」「続きが読みたい」などの声が上がっています。作者に聞きました。

登場人物が幸せになる話が好き

 この漫画を描いたのは、一永のぞみ(ペンネーム)さんです。学生時代に別のペンネームで、漫画家デビューした経験があります。現在は他の仕事をしながら漫画を描いています。「コンビニで君との5分間。」は15話(1月15日現在)まで発表。

Q.漫画やイラストを描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

一永さん「小学校の低学年の頃からです。兄と棒人間の漫画を描いたのがきっかけです。当時は一緒に笑い転げていました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

一永さん「特にきっかけはなく、ふと思いつきました。『漫画で疲れたくない』『読んだ後にホッとする漫画が読みたい』と知人に言われたのと、もともと登場人物が幸せになる話を作るのが好きだったので、『じゃあ描いてみよう!』という気持ちで始めました」

Q.この作品を描くにあたり、工夫していること、あるいは苦労することはありますか。

一永さん「『すれ違い』が漫画のテーマです。そこで、お互いの行動や感じ方をずらしつつ、思いがつながる可能性も期待させるなど、ちぐはぐさを楽しんでいただけるよう試行錯誤しています。いつも楽しく描いてますが、『男子高校生である主人公 柴崎』の心境になりきるのが大変です」

Q.普段、コンビニはよく利用されますか。

一永さん「週に1回ほど行きますが、以前仕事が忙しいときは昼夜問わず、毎日のように通っていました。いつも明るく親切な店員さんの対応に癒されていました。心引かれる商品に出会えたり、季節を感じられたりするのも楽しいですね」

Q.女性の飼い猫がリアルでしたが、猫は飼われているのですか。

一永さん「現在、住んでいる家では飼っていませんが、実家では小さい頃から猫を飼っています。帰省すると猫に遊んでもらっています」

Q.今後、単行本として販売する予定はありますか。

一永さん「同人誌としてまとめ、2月に開催される即売会『コミティア』で販売する予定です。初めて参加するのでドキドキしています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

一永さん「『かわいい』『癒される』などの意見を多く頂きました。また『こういう漫画を待っていた』『描いてくれてありがとう』『猫への愛がすごい』といった意見も頂き、とてもうれしかったです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

一永さん「元々、長編漫画を描くのが好きなので、ドラマ性のある話も描けるようになりたいですね。『コンビニで君との5分間。』を通じ、さまざまな手法や表現力を身につけていきたいと考えています」

(オトナンサー編集部)

1 2

一永のぞみ

漫画「コンビニで君との5分間。」をツイッター、創作投稿サイト「pixiv」で発表している。純粋で素直なキャラクターや、かわいい猫を作品に登場させるのが好き。

・ツイッター
https://twitter.com/nozo717/status/1050572188300922880

・pixiv
https://www.pixiv.net/user/12368553/series/29301

コメント