オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 内山理名、娘と暮らすシングルマザーに共感「力が入っていては困る役」

内山理名、娘と暮らすシングルマザーに共感「力が入っていては困る役」

映画「single mom 優しい家族。 a sweet family」で、シングルマザーを演じた内山理名さんに単独インタビュー。脚本を読んだ感想や役作りなどについて聞きました。

内山理名さん
内山理名さん

 映画「single mom 優しい家族。 a sweet family」でシングルマザーを演じた内山理名さん。同作は、北海道のニセコに住むシングルマザー空愛実(内山さん)が、娘エミリー(長谷川葉音さん)と2人暮らしをしています。仕事が決まらず、貯金を切り崩す生活をするなど不安を抱えながらも、けなげに生きていくシングルマザーを描いた作品です。

 オトナンサー編集部では、内山さんに単独インタビューを実施。脚本を読んだ感想や、役作り、女優業とヨガの仕事の両立などについて聞きました。

一番の挑戦は「自由さ」だった 

Q.脚本を読まれた感想をお願いします。 

内山さん(以下敬称略)「最初は、私自身はシングルマザーではないし、気持ちが分かるかなと思いましたが、台本を読むと心を打たれる言葉があり、女性として共感できるところも多く見つけました。早く演じてみたいと思いました」

Q.役作りはどのようなことをされましたか。 

内山「力を入れるというよりは力が入っていては困る役でした。愛実はシングルマザーで、本当は明るいのに自分のことを責めていて、自分ではどうすることもできない、ただ、それだけ。『頑張って』と言われるのがすごく嫌だと思ってしまう。自分ではどう頑張ればいいか分からない、というところを大事にしました」

Q.物を盗んだ子どもをしかっているところを人に見られて、虐待を疑われるシーンがあります。 

内山「親として怒って当然というのもありますが、自分がそうさせてしまったという思いもあるので、当然とも言い切れないと思いました。愛実にとっては『父親がいないから、こうさせてしまった』という思いもあります」

Q.一番の挑戦はどんなことでしたか。 

内山「長回しというのは貴重な経験だと思います。セリフも決まってはいますが、セリフ通りじゃなくてもいいと言われていました。自由さがチャレンジでした」

Q.松本和巳監督の印象をお願いします。 

内山「優しすぎる方だと思います。撮影自体で感じたというより、この作品を作ろうと思ったところや、シングルマザーの声を聞いて、何かしなければという気持ちを脚本にしたところが、優しい人じゃないとできないと思いました」

Q.女優とヨガの仕事は今後も両立されるのでしょうか。 

内山「両方大事にしたいと思っています。どちらも好きなので、どちらもやめるつもりはありません。頂いたお仕事に全力で取り組みます」

Q.リフレッシュはどのようなことをされていますか。 

内山「自然の中に行く、旅をする。都心から外れて海や山でキャンプをしたりします」

 映画「single mom 優しい家族。 a sweet family」は10月6日からヒューマントラストシネマ有楽町で公開。ほか、全国順次公開。

【ヘアメイク】サカノマリエ(allure)

【衣装】motonari ono

(エンタメチーム)

コメント