オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 麒麟、モバイルゲーム向け新サービス「mspo」アンバサダー就任

麒麟、モバイルゲーム向け新サービス「mspo」アンバサダー就任

お笑いコンビ・麒麟が、都内で行われたモバイルゲーム向け新サービス「mspo」発表会見に出席しました。

優勝した麒麟
優勝した麒麟

 お笑いコンビ・麒麟が9月28日、都内で行われたモバイルゲーム向け新サービス「mspo」発表会見に出席しました。

「mspo」は吉本興業とガンホー、サイバーエージェントによる新サービスで、モバイルゲームで貯まったポイントをアマゾンなどのギフト券と交換できます。

 公式アンバサダーに任命された、麒麟の川島明さんは「晴れて、アンバサダーとしての麒麟、ありがたいですよ」と感謝。コンビ名について、「漢字やったら何でもいいやろと思っていて、最初は『薔薇』にする案もありました」と明かしました。

 田村裕さんは「本当にモバイルゲームをやっていて、今やり込んでいます。広めるために一役担えたら」と意気込みを語りました。

「mspo」の対戦ゲームには、和牛、パンサー、横澤夏子さんも参加。初戦敗退した和牛の水田信二さんは「M-1で勝てるように今負けたんです」とコメントし、相方の川西賢志郎さんは「負けて怒ってはダメ」としつつ、「水田から(パンサー)尾形に改名しようか」と笑いを誘いました。

 横澤さんは「旦那と一緒にやって、ゲームと同じように家庭もうまく積み上げていきたいです」。麒麟が優勝し、田村さんは「今月は給料が少ないので本当にうれしい」と喜び、川島さんは「賞金のせいでギスギスしています。裏では一言もしゃべっていません」と話していました。

「mspo」は9月28日からサービス開始。

(エンタメチーム)

コメント