オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 石橋陽彩&藤木直人が歌う! 映画「リメンバー・ミー」本編シーン公開

石橋陽彩&藤木直人が歌う! 映画「リメンバー・ミー」本編シーン公開

公開中の映画「リメンバー・ミー」で、主人公ミゲルとヘクターが愉快な楽曲「ウン・ポコ・ロコ」を歌う本編シーンが公開されました。

「リメンバー・ミー」(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

 陽気な死者の国の大冒険を描いた公開中の映画「リメンバー・ミー」で、主人公ミゲル(石橋陽彩さん)とヘクター(藤木直人さん)が愉快な楽曲「ウン・ポコ・ロコ」を歌う本編シーンが公開されました。

 同作は、家族に音楽を禁止されている少年ミゲルが、伝説のミュージシャン・デラクルスの霊廟(れいびょう)に飾られていたギターを手にしたことがきっかけで、死者の国に迷い込んでしまいます。そこで陽気なのに孤独なガイコツ・ヘクターと出会い……というファンタジーアドベンチャーです。

 公開されたシーンはミゲルがギターを弾き会場を盛り上げている最中、ヘクターもステージに上がり軽快なステップを披露。ミゲルとヘクターは息ぴったりなパフォーマンスで会場中を魅了し、お互いを認め合う重要なシーンです。

「ウン・ポコ・ロコ」はスペイン語で「ちょっと変わり者」の意味で、歌詞を書いたエイドリアン・モリーナ共同監督は「このシーンでは、ミゲルとヘクターはお互いに少し不信感を抱いています。お互いにイライラしていますが、一緒に何かしたら楽しい化学反応が起こることもあります。そういうことを歌にしました」と説明。「ミゲルとヘクターはお互いにとてもイライラしています。だから『ウン・ポコ・ロコ』では、誰かのちょっと変わったところにイライラしても、力を合わせて一緒に何かをすれば、結局はその人のことを心から好きだと思えるという内容にしました」とコメントしました。

 リー・アンクリッチ監督は「ミゲルとヘクターは楽しいキャラクターです。僕たちはいつも彼らの関係を弟と兄のように描きました。彼らのやり取りを描くことはとても楽しかった」と話しています。

 映画「リメンバー・ミー」は公開中。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント