オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ホテルの「アメニティー」で持ち帰ってよいもの/ダメなもの

持ち帰ったら、警察への被害届も

 それでは、持ち帰りNGのものを利用客が故意、または誤って持ち帰ってしまった場合、ホテル側はどのように対処しているのでしょうか。

「客室の電化製品などがなくなっていた場合、まず電話などでお客様に返却要請をします。それでも返ってこなかった場合は、ご自宅に請求書を送付したり、警察に被害届を出したりするケースもあります」

 一方、食器類やタオルなど、破損や買い替えの発生が想定されている備品は、持ち帰られて紛失した場合でも運営費として処理され、返却や代金を求めないことも。

「特にタオルなどのリネン類は、あらかじめロスが想定されていることが多くあります。これらはリース品であることが多く、紛失や破棄も含めて契約していることがあるのです。しかし、基本的には再利用が前提なので、持ち帰るのはご遠慮いただくようお願いしています」

 ホテルの備品類は資産の一部であり、無断で持ち帰る行為は、ホテル側からすれば盗難に遭うのと同じこと。最低限のマナーを守って利用したいものです。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント