オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

山崎まさよし、尾野真千子は「すごくサバサバ」 陰を背負っているのは役だけ?

映画「影踏み」主演の山崎まさよしさん、ヒロインの尾野真千子さんに、オファーの感想やお互いの印象などについて聞きました。

(左から)山崎まさよしさん、尾野真千子さん
(左から)山崎まさよしさん、尾野真千子さん

 映画「影踏み」で主演を務める歌手で俳優の山崎まさよしさん、ヒロインを演じる女優の尾野真千子さん。同作は、住人が寝静まった夜、民家に侵入して盗みを働く通称「ノビ師」の真壁修一(山崎さん)はある日、県議会議員の自宅に忍び込みますが、その家で放火未遂事件に巻き込まれ逮捕されます。出所後、修一は事件を調べる中で20年前の事件や恋人・久子(尾野さん)とも向き合っていく…横山秀夫さんの同名小説を映画化した作品です。

 オトナンサー編集部では、山崎さんと尾野さんにインタビューを実施。オファーの感想やお互いの印象などについて聞きました。

「山崎さんが出るので面白そう」

Q.オファーの感想をお願いします。

山崎さん(以下敬称略)「僕が以前出演した映画『月とキャベツ』のスタッフたちが集結しているので断る理由がありませんでした。このスタッフが集まって、僕以外の人がキャスティングされていたら、なんで僕じゃないねんと思ったはずです(笑)」

尾野さん(同)「監督が篠原哲雄監督であることと、山崎さんが出るので面白そうという興味で引きつけられました。山崎さんと共演できるのが大きかったです」

Q.お互いの印象を教えてください。

山崎「すごくサバサバしています。結構あけっぴろげな印象を受けました。陰を背負った役が多いからか、持ってらっしゃるのかなと思っていたら全くない感じでした(笑)」

尾野「素顔が分からなかったから、歌を歌っている人、『月とキャベツ』を見ていたので、何でもできるからつかめない人という印象でした。関西出身なので、面白いのかなと思っていたら、現場で集中されていて面白いことを言いませんでした。でも、終わってお酒を飲んでいたら面白くなったのでよかったです(笑)」

Q.役に入っていて、素が出せなかったのでしょうか。

山崎「そういう訳でもないのですが、あまり面白すぎても僕も不整脈が起きるので(笑)さっきまであんなに面白かったのに、このシーン全然面白くないとか言われると調子狂いますから(笑)」

Q.演じられた役と共感できるところはありましたか。

山崎「共感できないことは多かったです。修一は汚れたポリシーですが、ポリシーを持って生きているところは共感できます」

尾野「私は待つ女の役でしたが、罪を犯している人を待つのはよく分かりません。ただ、本当に愛した人を待つ気持ちは共感できました」

Q.尾野さんが演じた久子は薄幸の女性役でしたが、薄幸女性を演じるのはお得意ですか、苦手ですか。

尾野「自分と真逆は演じやすく、演じがいがあります。逆に自分と同じような性格の人の方がしっくりこないことが多かったりします。コメディーは無理ですが、悪役は楽しんで演じられます」

Q.山崎さんは今回、音楽も担当されていますが、任されたときの感想はいかがでしたか。

山崎「出演している作品は音楽も担当することが多いので、今回もそうなるんだろうなと思いました。ミュージシャンとしては、映画音楽を作るのはやりがいがあります。作品のつないだ映像を見せてもらえるなど、そういう時間が確保されている場合はできると思います」

Q.主題歌は主人公の家族にフォーカスされた曲でしょうか。

山崎「主題歌は、映画の中で描かれていない兄弟の幼少期のシチュエーションや家族の幸せなときをほうふつさせる歌詞がグッとくるんじゃないかなと思いました。映画は大変なことばかり起こりますから」

Q.普段、リフレッシュにしていることはどんなことですか。

山崎「木工です。ギタースタンドを作ったのが始まりで、包丁スタンドや棚を作ったりしました。最近はバンドソーを作り始め、もう少しで完成します。作業はすごく集中するんですが、頭がスッキリします」

尾野「携帯ゲームです。ついつい遊んでしまいますね」

 映画「影踏み」は11月15日から全国公開。

■ヘアメーク:三原結花(M-FLAGS)
■スタイリスト:宮崎まどか

(オトナンサー編集部)

コメント