オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「肌トラブル怖い」の声も…子どもの“化粧”が肌に与える影響やリスクとは?

化粧を始める年齢が下がってきているようですが、子どもの肌に及ぼす影響を懸念する親も多くいます。専門家の見解を聞きました。

子どもの化粧、何歳からOK?
子どもの化粧、何歳からOK?

 子どもの頃、母親が毎日化粧をしているのを見て「私もしてみたい」と思ったり、こっそり口紅をつけてみたりしたことがある、という人も多いのではないでしょうか。近年、小中学生を対象としたファッション雑誌の増加や、子ども用「キッズコスメ」の充実などもあり、化粧に興味を持ったり、実際に化粧を始めたりする年齢が下がってきているようです。

 しかし、化粧品が子どもの肌に及ぼす影響を懸念する親は多く、ネット上では「肌トラブルが怖い」「何歳からなら大丈夫?」「大人用の化粧品を使わせてもいいのかな」など、さまざまな声が上がっています。化粧が子どもの肌に及ぼす影響やリスクについて、アヴェニュー表参道クリニックの佐藤卓士医師(皮膚科・形成外科)に聞きました。

乾燥や炎症に対する抵抗力低下も…

Q.大人と子ども(小中学生)の肌には、何らかの違いはありますか。

佐藤さん「子どもの皮膚は成人よりも薄く、細胞の層の数は成人の半分くらいしかありません。さらに、思春期の頃までは皮脂の分泌が少ないため、乾燥や外的刺激から守る『皮脂膜』が未発達です。そのため、皮膚から出ていく水分量も多く、外からの刺激にも弱いため、皮膚は乾燥しやすく、バリアー機能は十分ではありません。

一方、汗腺の数は成人と変わりません。単位面積当たりの汗腺の数は多く、多量の汗は出ますが、肌自体は乾燥しています」

Q.医学的観点からみて、化粧をしても問題がない(少ない)と考えられるのは何歳ごろからでしょうか。

佐藤さん「どの年齢でも、化粧品のかぶれなどのトラブルは起こり得ます。先述の通り、特に幼児期から思春期にかけては皮膚が薄く、水分保持能力が低い上に、皮脂分泌量も少ないので、乾燥しやすく、バリアー機能も乏しい状態です。そのため、刺激の強い成分や、化粧をしたり落としたりするなどの物理的刺激により、皮膚のダメージを受けやすいのです。

思春期になると皮脂分泌が過剰になり、乾燥のトラブルは減りますが、一方で、ニキビができやすくなります。化粧品によってニキビが悪化することもあるので注意が必要です。化粧しても問題がなくなるのは、思春期を過ぎ、ニキビが落ち着いてからになるでしょう。

ちなみに、玩具メーカーが販売している子ども用化粧品の多くは、6歳以上を対象年齢としていますが、医学的に肌に問題がないということではなく、間違った使用をしたり、遊んでいるうちに口に入れてしまったりする可能性が少なくなる年齢、という設定です。『6歳になったら化粧は問題ない』ということではありません」

Q.低年齢の子どもが化粧品を使用することによって、何らかの肌トラブルが起こる可能性はありますか。

佐藤さん「かぶれ(接触皮膚炎)は、どの化粧品でも起こり得ます。かぶれると肌がガサガサしてきて、皮膚が赤く腫れることもあります。ひどい場合は、小さな水膨れができることがあります。

唇や目の周りは肌が敏感なので、トラブルが起きやすいです。口紅やリップクリームなどで唇が荒れたり、腫れたり赤くなったり、アイシャドーやマスカラ、二重のテープやのりなどで目の周りが赤く腫れたりします。また、ビューラーの使用による金属アレルギーの発症や、つけまつげ、まつげパーマの接着剤や化学薬品による目周辺の炎症も増えています。アトピー性皮膚炎の子どもは肌トラブルを生じやすいので、特に注意が必要です」

Q.近年は子ども用の化粧品も増えていますが、大人用の化粧品とはどのような点が異なるのでしょうか。

佐藤さん「子ども用の化粧品は、主に玩具メーカーが販売していますが、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)では、大人用と同じく『化粧品』に分類され、使用できる成分は大人の化粧品と同等のものです。一般社団法人日本玩具協会が定める『STマーク』が付いているものは、玩具としての安全性が高いといえます。

こうした子ども用化粧品は、化粧落としやリムーバーを用いなくても、水や石けんで落ちる成分を使用しており、子どもの肌に負担が少ない成分を使っているものが多いです。大人の肌よりも子どもの肌の方がデリケートな面があり、刺激の強い大人の化粧品を使うと、かぶれや炎症を起こす可能性が高まるため避けた方がよいでしょう」

Q.子どもの頃から化粧品を使用することで、肌質などに長期的に影響を及ぼす可能性はありますか。

佐藤さん「イベントや記念写真の撮影など、不定期に使用するのであれば、あまり問題にはならないでしょう。大人のように毎日継続して使用すると、常に刺激を受けていることになるので、皮膚のバリアー機能がさらに低下し、乾燥や炎症に対する抵抗力が低下する可能性があります。皮脂分泌が多く、毛穴が詰まりやすいニキビ肌は、化粧品による毛穴詰まりでニキビが悪化する可能性もあります」

1 2

佐藤卓士(さとう・たかし)

医師(皮膚科・形成外科)・医学博士

アヴェニュー表参道クリニック院長。京都大学農学部卒業。九州大学医学部卒業。岡山大学医学部、杏林大学医学部、都立大塚病院形成外科にて研鑽(けんさん)を積み、現在に至る。日本形成外科学会認定専門医、日本レーザー医学会認定レーザー専門医。日本形成外科学会、日本皮膚科学会、日本美容外科学会、日本レーザー医学会、日本手外科学会、日本創傷外科学会所属。アヴェニュー表参道クリニック(https://www.a6-clinic.com)。

コメント