オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

娘の生後3カ月で母乳がストップした体験漫画 夫に報告すると…「涙が出ました」の声

母乳からミルクに切り替えたエピソードを描いた漫画が話題に。相次ぐトラブルで母乳を減らしたところ、3カ月目で母乳がストップした母親。そのことを夫に告げると…。

漫画「生後3ヶ月で完ミになった話」のカット=まるる(yoosanxwatashi)さん提供
漫画「生後3ヶ月で完ミになった話」のカット=まるる(yoosanxwatashi)さん提供

 母乳からミルクに切り替えたエピソードを描いた漫画「生後3ヶ月で完ミになった話」がSNS上で話題となっています。相次ぐトラブルで母乳を減らしたところ、3カ月目で母乳がストップした母親。そのことを夫に告げると…という内容で「すてきな旦那様」「ホッとしますね」「涙が出ました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

夫の言葉に目からウロコが落ちた

 この漫画を描いたのは、会社員のまるる(ペンネーム)さんです。インスタグラムやブログ「よーさんと私と」、ツイッターで日常エッセイ漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

まるるさん「以前は、ごくたまに棒人間の4コマを描いていたのですが、夫と知り合ってから友達に『二人のエピソードを4コマで見たい』と言われて、2017年の頭ごろから描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

まるるさん「私自身が完全ミルクで育ったこともあって、ミルク育児に抵抗はなかったのですが、いざ母乳が出なくなると、『私が我慢すれば母乳をあげ続けることができたのに、申し訳ない』という罪悪感がありました。夫も残念がるだろうと思っていたのですが、『卒業おめでとう』と言われて目からウロコが落ちました。

私にとって『母乳が出なくなる』というのは『よくないこと』だったのですが、夫にとっては悪いことでも何でもありませんでした。その考え方が新鮮で、気持ちが救われて楽になりました。この気持ちをずっと忘れたくないと漫画にしました」

Q.母乳が出なくなったときは、どのような気持ちでしたか。

まるるさん「まさか、こんなに急に出なくなるとは思っていなかったので、頭を殴られたような衝撃を受けましたし、焦りました。授乳は子どもと密着する、母親だからできるスキンシップでもあったので、もう体験できないのかと悲しくなりました」

Q.旦那様に報告するときのお気持ちは。

まるるさん「出なくなったものは仕方ないし、夫もそういうことに理解のある人だったのですが、自分自身の罪悪感ですぐには報告できませんでした。しかし、夫の言葉を聞いて、『そういう考え方があるんだ』と驚くと同時に、『子どもの父親がこの人でよかった』『この人と結婚してよかった』と思いました」

Q.母乳が出ずに悩んでいるお母さんに伝えたいことは。

まるるさん「あまり気の利いたことは言えないのですが、息子は完全ミルクですくすくと育ち、大きな病気もなく1歳を迎え、そのミルクももう卒業しようとしています。母乳で奮闘していた時期は罪悪感にさいなまれたり、いろいろ悩んだりもしましたが、今は『健康ならそれでよし!』と胸を張って言えます」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

まるるさん「同じような経験をされた方から、共感のコメントを多く頂きました。母乳が出なくなることに、ママさんたちの多くは葛藤を抱えているのですが、『大丈夫だよ』という旦那さんの言葉に救われたという方も多かったです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

まるるさん「これからも、夫や子どもの日常のふとしたかわいさを漫画にしていきたいと思っています。また、描いている途中ですが、私の子宮頸がん経験を漫画にすることで、定期健診の大切さについて発信していけたらと思っています。画力も表現力も拙いので、少しでも見やすく分かりやすく、クスッと笑えるものをたくさん描いていきたいです」

(オトナンサー編集部)

1 2 3

コメント