オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

無数の手に引きずり込まれ…作品へのハマり方を“沼”で表現した漫画に「表現の天才」の評

作品へのハマり方を沼に例えた漫画が話題に。一般の人が考えるハマり方は、偶然面白そうなジャンルを見つけ、徐々に沼に浸かっていくイメージですが…。

作品へのハマり方について描いた漫画のカット=椛おろし(@ht__mmj)さん提供
作品へのハマり方について描いた漫画のカット=椛おろし(@ht__mmj)さん提供

 作品へのハマり方を沼に例えた漫画がSNS上で話題となっています。一般の人が考えるハマり方は、偶然面白そうなジャンルを見つけ、徐々に沼に浸かっていくイメージですが、実際は本能で「危ないヤツ」と感じ…という内容で、「分かる」「表現の天才」「的を射ている」「浸かるというよりは沈むイメージ」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

いずれのハマり方も体験した

 この漫画を描いたのは、椛おろし(ペンネーム)さん(17)です。趣味でイラストや漫画を描いています。

Q.イラストを描き始めたのは、いつ頃からでしょうか。

椛さん「イラストは昨年ごろから、デジタル機器を使って描くようになりました。なお、漫画は普段あまり描いていません」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

椛さん「実際に自分が体験した話を描きました。文章で表現するよりも漫画で描いた方が分かりやすいと思ったからです」

Q.どのような作品が好きですか。

椛さん「アニメでは『ヘタリア』が好きです。ジブリ作品が好きで、特に『千と千尋の神隠し』が好きです」

Q.漫画の2枚目、4枚目のように夢中になった作品は。

椛さん「2枚目のように夢中になったのは『ヘタリア』、4枚目は男性声優によるラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』です」

Q.4枚目のような形で夢中になってよかったことは。

椛さん「趣味の幅が増えたり、友達と通じる話が多くなったことだと思います」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

椛さん「『私もこのハマり方をした』『特に○○がそうだった』など、大変多くの共感を頂きました。逆に『自分は引きずり込む側』という意見も頂きました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

椛さん「イラストが多く、本格的な漫画を描いたことがないので、いつか挑戦してみたいと考えています」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント