オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

平日の連ドラで「ヒロイン+Wイケメン」の図式が頻発している理由

2019年の夏ドラマがスタートして、間もなく1カ月。その多くが女性主人公で、とりわけ「ヒロイン+Wイケメン」の図式を採用しています。背景には何があるのでしょうか。

(左から)福士蒼汰さん(2018年10月、時事通信フォト)、石原さとみさん、志尊淳さん(2019年6月、同)
(左から)福士蒼汰さん(2018年10月、時事通信フォト)、石原さとみさん、志尊淳さん(2019年6月、同)

 2019年の夏ドラマがスタートして、間もなく1カ月になり、さまざまな話題を提供しています。

 プライムタイム(午後7~11時)で放送されている新作ドラマに着目すると、「11作中6作」が女性主人公の作品であり、平日に絞ると「9作中6作」と、その割合はさらにアップ。夏ドラマには女性主人公の作品が多く、その全てが平日に放送されていることが分かるのではないでしょうか。

 曜日順に作品名を挙げていくと、「監察医 朝顔」(フジテレビ系)、「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」(TBS系)、「偽装不倫」(日本テレビ系)、「ルパンの娘」(フジテレビ系)、「凪のお暇」(TBS系)、「これは経費で落ちません!」(NHK)の6作。共通点を探してみたところ、法医学モノで東日本大震災というシリアスな題材を含む「監察医 朝顔」を除く5作で、「ヒロイン+Wイケメン」の図式が採用されていることに気付きました。

 なぜ、平日に女性主人公の作品が多く、2人のイケメンをキャスティングしているのでしょうか。どんな事情や効果があるのかを掘り下げていきます。

女性の共感を誘う30代主演女優たち

 平日に女性主人公の作品が多い理由は、「シビアな視聴率対策」「実力と人気を兼ね備えた30代の人気女優がそろっている」の2点。

 平日は在宅率が低い上に、まとまった時間が取りにくく、「1時間じっくりとドラマを見る余裕がない」「ネットや休息を優先させる」という傾向が強く、各局は視聴率対策に頭を痛めています。そんな状況で頼りになるのは、ドラマへの熱が高く、ある程度のリアルタイム視聴が見込める女性視聴者。必然的に「女性の共感を狙う」タイプの作品が増えているのです。

 また、今夏の主演女優を見ていくと、上野樹里さん(33)、石原さとみさん(32)、杏さん(33)、深田恭子さん(36)、多部未華子さん(30)と30代がズラリ。唯一の20代である黒木華さんも29歳と30代間近であり、その他にも、綾瀬はるかさん(34)、新垣結衣さん(31)、吉高由里子さん(31)、戸田恵梨香さん(30)、北川景子さん(32)とバリバリの主演女優がそろっているため、女性主人公の作品が増えているのです。

 かつては、20代女優が主演を務めるケースが多かっただけに、これは2010年代以降の傾向と言えるでしょう。

1 2

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間20本強のコラムを提供するほか、「週刊フジテレビ批評」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、新番組と連ドラはすべて視聴するなど1日のテレビ視聴は20時間超(同時含む)。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント